So-net無料ブログ作成
検索選択

お金と幸せはどこまで比例していくか。 [mathematics]

残暑というか、暑さの残り。余韻というより、ただの「暑さ」ですね。。
明日はさらに暑い日になるようですね、熱中症にご用心を。

今日はお金で幸せが買えるかというお話です。

アメリカの教授の米世論の調査によって、「お金で幸せを買うことが可能、ただし年収630万円程度までの人なら、、」という結果がもたされたようです。

つまりは、人生の評価や心の幸福感は年収7万5000ドル(約630万円)あたりまでは。収入に比例して増大しているというのです。たしかに、お金はないよりあったほうがいいし、お金があればいろいろなことが可能になるので、いろいろな幸せは得られるというのはわかりますね。ただ、そのお金もある基準を超えるとその幸せ度の限界がみえてくるということも凡人ながら想像できます。その基準というのを今回の調査の結果、導きだしたと言えるでしょう。

なんだかシビアな結果というか、生々しい結果だと思いますね。。数字に関しては人によって捉え方が違うと思うのであえてコメントはしませんが、こんな結果の一方で、心理学研究でこういう報告もされています。「高額所得者はちょっとした楽しみを味わう能力が弱まっている」「それまで増加し続けていた有益な経験をお金で買える力が、何らかのネガティブな効果によって平均化されてしまう可能性も高い」

う〜ん、この報告も想像できるようなできないような。。

まあ、世の中、お金で幸せが買えるとか、お金がすべて、とか冗談半分、本気半分でよく叫ばれていますが、お金は目的ではなく、あくまで手段であると思うので、お金が主役であったり、目的であるような考えには少し違和感を感じたりはしますね。

この蒸し上がるような部屋にお金が置かれているよりも、友人や大切な人がアイスの差し入れを持ってきてくれることの方が幸せを感じるんじゃないかと僕は思いますが(へりくつ?^^)

それでは、こんな残暑の一日一日もプライスレス!

ではでは

IMG_02842222.jpg
アミ:「お金落ちてないかな〜。」
私:「・・・・・。」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
スマートフォン専用ページを表示