So-net無料ブログ作成
検索選択

ミツバチはいずこ。 [environment]

最近、ミツバチを見かけましたか?

昨今、世界中で問題視されている、ミツバチの群れが消滅する「蜂群崩壊症候群」。

日本でもミツバチが失踪して、減少してきているという報告もあります。(欧州では1030%、米国では30%、中東では85%のミツバチが消えたそうです。3、4kmくらいしか飛べないはずのミツバチの死骸を付近で発見できないというのも謎です。)

人間の食糧の3分の1は昆虫の受粉でできた植物に頼っているそうですが、その中の8割がミツバチが担っていると言われています。つまりは、食糧の4分の1をミツバチの受粉活動に依存していることになります。ミツバチは蜂蜜採取だけではなく、多いに私たちの生活を成り立たせてくれているのです。

ミツバチがいなくなる原因は、農薬や蜂に寄生するダニなどいろいろ言われていますが、最近、特に言われているのが、携帯電話などの電磁波。

携帯電話から発せられた電磁波がミツバチの方向感覚を狂わせることがある実験でもわかってきているようです。

やはり、何事も便利とリスクはセットになってついてくるのでしょうか。でも、携帯電話の利便性に対する食糧リスクは割に合わないくらい大きいリスクかもしれませんね。いくら、人間が進歩したとはいえ、数万、数十万匹のミツバチの受粉活動を人間の力で再現するのは不可能ですからね。。

こういうことを知ると、ミツバチを見かけたら、あたたかいまなざしで見守っちゃいますね。

ではでは。

mitumati2.jpg
自然に身を置いてないと忘れがちな世界のしくみ。自然のしくみ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
スマートフォン専用ページを表示