So-net無料ブログ作成
検索選択

「忙しい」と言うのは謙虚を装った自慢(研究結果) [society]

【「忙しい」と言うのは謙虚を装った自慢だった】

http://www.lifehacker.jp/2017/01/170116_20170116_busy_workers.html

年始早々忙しくされてますか?


私は昔から、忙しいアピールする人ってそんなに好きではありません。^^なぜ、そう思うかの理由が、上の記事でだいたい説明がつくような気がします。


「忙しい」と言うのは謙虚を装った自慢だった


今更言われなくても、なんとなくわかっていたことですよね。笑

(実際、私も「忙しいよー」と言う時は、こういう心境でもあると、自己認識してます。^^;)


ただ、これを研究者の視点でしっかり分析、説明してくれたのが興味深い。


さらに、研究内容(記事内容)で興味深いこと。


昔は、貴族階級のあいだでは一生涯にわたってまったく働かないことが究極の権力と地位を象徴していた。

今は、逆に自分は引く手あまたであることを示し、自分のステータスを高く見せようとしている


もっと、簡単に言えば、


昔は、暇がステータス

今は、忙しいがステータス


時代や文化が変化したことで、人々の意識が真逆になってしまったのですね。


だから、きっと、昔の人は「暇だぜー」って自慢をしていたのでしょう。自分を高くみせようとして。


はたして、次の時代は何をもって、ステータスを誇示するんでしょうね。

 

ただ、私が思うに、


大事なことは、ステータスを誇示するとか、自分を高くみせようとすることではなく、実際に、本質的にステータスがあるのか、自分のレベルが高いのか、だと思います。


見せかけじゃなく、ちゃんと中身(成果、実績)があるかが問題です。


ではでは


busy.png

もちろん、自分を高くみせようとすることは悪いことでもなんでもありません。プロモーション、自己演出、魅せるという観点からすれば、それはひとつの手段になります。あと、「忙しい」と言っている人で、本当に忙しい人もいることも忘れずに。^^;


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スマートフォン専用ページを表示