So-net無料ブログ作成

男の自撮りと女の自撮りには違いがある。調査結果からわかるその傾向と心理。 [culture]

【男と女の自撮りに違いがあるのはなぜか?】
https://gigazine.net/news/20171108-men-women-selfies/


 


スマホやSNSの普及した今の時代、人様の自撮り写真を目にすることは多くなりました。そんな自撮りに男女で違いがあるという興味深い調査です。

記事によれば、、、

・オンラインのデートサービスにおいて、多くの女性のプロフィール画像はカメラが上から見下ろす角度で撮影されている(ビジネス特化型SNSにおいても女性は上から見下ろす形の画像が多い)
・ビジネス特化型SNSにおいて、多くの男性のプロフィール画像はカメラが下から見上げる角度で撮影されている(オンラインデートサービスにおいては男性にこのような傾向はない)
・キーポイントは閲覧者が男性か女性であるか
・つまり、「男性が写真を見るという意識をする女性は上からの角度で撮影する傾向」「男性が写真を見るという意識をした時の男性は下からの角度で撮影する傾向」

、、、以上、記事引用参考。

簡単に傾向をまとめると、

女性向けの女性自撮り(カメラ上から)
男性向けの女性自撮り(カメラ上から)
女性向けの男性自撮り(特に傾向なし)
男性向けの男性自撮り(カメラ下から)

、、という感じ。

「上から撮ると、女性は平均で2歳若く見られる」「上から撮ると、女性は細く若く見られ、魅力的に写ります」「下から撮ると、男性は支配的な立場に見え、自分を大きく見せることができる」

記事にもこう書いてあるように、男女共にこういうことが本能的にわかっているのでしょうね。

まあ、単純に考えても、被写体本人の視線が見上げる写真(カメラ上から)は「かわいい、甘え」、本人の視線が見下げる写真(カメラ下から)は「支配的、威圧的」という印象を与えるのはよくわかりますよね。(甘えるのに見下げる視線、威圧感を出すのに上目づかい、なんてありえないですからね。笑)

そして改めて思ったことは、

女性へのアプローチの正攻法ってないんだなってこと。笑

だって、上の簡単にまとめた傾向を見えてもらえれば一目瞭然だけど、男性は女性向けにどういう写真を撮ればいいというものがないのですよ。^^;(女性は男性に対してどういう写真撮ればいいかわかりやすい)

まあ、考えてみれば、威圧的な男性が嫌いな人もいるでしょうし、上目づかいの男性が嫌いな人もいるでしょう。正解がありません。。(やはり正面が無難?)逆に言えば、男性が魅力的に感じる女性像って、わかりやすいのかもしれません
。細くて、若くて、上目づかいの女性?^^;

一応言っておきますが、これは私の意見ではありませんよ。。そして、これらはあくまで傾向なので悪しからず。

兎にも角にも、いろんなものが見えてくる調査結果ですね。

気になるあの人の自撮りやプロフィール画像をチェックしてみましょう。

ではでは

selfie.png
不意打ちでない限り、誰かに写真を撮られる時、ポーズを決めたりしますよね。だから、写真の中には基本、「こういう風に見られたい自分」というものが少なからず存在するはずです。つまりは、撮る側も撮られる側も全て自分で行う自撮り写真は「究極のこういう風に見られたい自分」なんだと改めて思います。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

スマートフォン専用ページを表示