So-net無料ブログ作成
検索選択

遺伝子操作でスーパーマンになれる時代へ。すべてが可能な世界になったら、、、 [philosophy]

【突然変異遺伝子の研究で将来叶うかもしれない10の素晴らしい能力】

http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52234402.html

遺伝子治療が行われるようになってきた今、それは病気を治すだけでなく、超人を生み出す可能性も秘めています。記事によれば、以下のことが叶うかもしれません。

・折れない骨
・俊足
・毒耐性
・ショートスリーパー(短時間睡眠)
・耐電皮膚(電力を浴びてもダメージを受けない)
・アルコールやドラッグを分解する能力
・食べ物以外を食べる能力(飛行機まで食べてしまう?)
・ゴム人間(関節を外し、体を捻る能力)
・怪力
・痛み耐性


突然変異遺伝子を活用してこれらが実現できる日がいつか来るかもしれないのです。

食べ物以外を食べる能力とゴム人間以外、是非欲しい能力です。^^

ただ、遺伝子は言わば、人間の設計図みたいなもの、根本的なもの。それをどこまでいじっていいものかという倫理的な問題もあります。

それに、
遺伝子操作が普通に行われる世界、つまり、能力を簡単に手に入れられる世界では、陸上などのスポーツや囲碁などのゲーム、そういった競争的娯楽は一掃されてしまうかもしれません。^^;

こういうふうに想像すると、「すべてが可能な世界」はある意味では、つまらないのものなのかもしれません。

もっと言えば、遺伝子操作ですべてが自由に操作できるようになれば、自分という存在があってないようなものになる感じ、「自己」というものが失われるような気もします。(人によって、出来るもの出来ないものがあるからこそ、パーソナリティが存在する?)

まあ、こんな妄想するような世界はまだまだ先のことでしょうけどね。

ただ、思うことは、

昔は、環境的にも能力的にも、人によって、出来る出来ないの差があり、選択肢が少ない時代でしたが、

今は、多くのことが発展し、人によって、出来る出来ないの差がなくなりつつあり、多くのことが選択できる時代になりました。

つまりは、すべてが可能な世界は、人間の選択能力が問われる世界と言うこともできるかもしれません。

上述の遺伝子治療もしかり、そのような傾向はより強まるでしょう。

これまでの時代は、「可能を増やすこと」が重要でしたが、これからの時代は、「どの可能を選択するか」が重要な時代に突入しつつあると思います。

できるできないで悩むより、何を選ぶかを悩む時代。

情報は氾濫していますし、選択肢も無数。

是非、選ぶ力を養っていきましょう。

ではでは

genetic.png
昼食は何を食べようかとか、どの服を着ようかとか、私たちは日頃、選択の連続で生きているわけですが、いつの日か、何の能力を身につけようかとか、何歳まで生きようかとか、選択肢の次元が変わる可能性もあります。そんな世界に突入する前に、間違いのない選択眼、選択能力を養っておきたいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

僕らはハッキングされたい放題?この世はハッキング天国?ハッキング地獄? [cyber]

【「なぜパスワードを記憶するべきではないのか」を簡単に説明したムービー】

https://gigazine.net/news/20170217-stop-memorizing-password/

多くのサービスを利用するために、私たちは多くのアカウントやパスワードを作ります。まさか、簡単なパスワードを使い回していたりしないですよね?(ドキ!!^^;)

今の時代、一人あたり平均27個のウェブサイトにアカウントを持っているようですが、やはり同じパスワードを使い回す人が多いようです。

2016年、Yahooが10億人のユーザーアカウント情報が盗まれるという史上最大規模のハッキングが発生しました。

その中に自分の情報が含まれていてもおかしくないですよね?もしもYhaooで使っていたパスワードを他の所でも使用していたとしたら、一気に他の所もハッキングされることになります。(他の26サイトが簡単にハッキングされる?)

Yahooの10億人規模までいかなくても、「個人情報が漏洩」というニュースは結構耳にしますよね。それらはすべて、上で述べたような派生的ハッキングの危険性をはらんでいます。

おそろしい。。

最近は、銀行アプリとかもありますから、資産を一気にハッキングされる可能性もあるわけです。

上のURL記事の中では、これらのリスク回避のため、「パスワードマネージャー」の使用を推奨していますが、私が思う対策をもうひとつ。

それは、

「自分の記録をとる、ログを取る」
「異常ログイン時のお知らせ機能」

わかりやすいのは、クレジットの不正利用ですね。不正利用に気づいたら、カード会社に連絡をして、支払いの取り消しをするというもの。

このように、しっかり、記録、ログを取っていれば、気付くことができます。

もうひとつの例として、
いつもと違う機器からあるサイトやアプリにログインすると、「いつもと異なる機器からアクセスがありました」というようなメールのお知らせがきたりするサービスがありますよね?

こんな感じに、ログインする時に検知機能を設置するのです。

つまり、発想としては、情報漏洩やハッキングは100%防ぐのはもう無理だから、ハッキングされた時の対処法をもっと考えていこうというものです。

そこで、「ログイン時の記録、そして、ログイン時の反応フィルターのようなもの」が大事だと思うのです。(業者側にも是非ここは頑張って欲しいところです。)

問題の根本的解決はもう、ほぼ無理。水際で何とかしようではありませんか。

これ、他でもよくある話かもしれませんね。^^;

 

【思想信条などを読み取る「脳ハッキング」に成功〜漏洩する個人情報やプライバシー!?】

http://news.livedoor.com/article/detail/12695371/


ただし、ここまでくると、どうしましょうかねえ。^^;

脳のログイン記録?脳にログイン反応フィルターを設置??

水際はもう体の内側にまで来てしまっているようです。。

ではでは

hacking.png
いつか、ハッキング対策のために、電気を通さない絶縁体ヘルメットとか、無線を遮断するアルミ素材ヘルメットとか、発明されたりするのかな。^^;


革新!超音波で熟成がすすむ!たった3日で2年分の熟成!? [science]

【たった3日で2年分の酒の熟成が可能な方法が判明、使うのは「超音波」】

http://gigazine.net/news/20170214-ultrasound-age-liquor/

音楽家たるもの、音に関わるものには敏感です。^^

【超音波】
人間の耳には聞こえない高い振動数を持つ音波。音。

超音波の可能性は計り知れないと私は勝手に思っています。(遠い未来には超音波で物流が行なわれている可能性もあるかもしれません。)

今回はなんと、その超音波で熟成が進むというお話。なんと超音波によってブランデーがたったの3日で2年分の熟成の味になったそうです!これは熟成肉とか、他のジャンルにも適用できるようになるかもしれないですね!(期待)

そもそも、熟成とは?
「様々な外的要因(湿度、温度、時間など)により仕込んだもの(タンパク質)が分解されてアミノ酸になること。

参考【「熟成」と「発酵」の決定的違いとは?】

http://rotts.co.jp/aging/571

熟成はエイジングとも呼ばれています。(英訳するとそうなる)うむうむ、確かに、年を取ることと同じかもしれない。ん?

これは、悪用もできるのかもしれない。。

嫌いな人間に超音波をあてて、その人に年を取らせてしまう!みたいな!笑

音波は振動です。人間の命もいわば振動です。だって、心臓や血が脈を打つことで、年を取っていっているわけでしょ?

そう考えると、上の妄想はあながち間違っていないかもしれない。。(心臓の鼓動回数で寿命が決まっているとも言うしね。すべての生物は20億回の鼓動で死ぬ説。→同じ20億回でも、鼓動が速いネズミはすぐ死んで、遅い象さんはなかなか死なない。)

超音波に対して期待と不安が入り混じる音楽家の端くれなのでした。^^;

ではでは

brandy_aging.png
可能なら、体ではなく、自分の技や技術だけ熟成したいものです。それはいくら超音波でも無理か。^^;


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

IQが高い女性ほど子どもを産まない?因果関係を探る [society]

【IQが高い女性ほど子どもを産まない!?IQと出産の真実】

http://top.tsite.jp/news/woman/o/34382916/

結構、センシティブなテーマだとは思いますが、気にせずいつものノリでいきます。(相変わらずゆるい笑)

記事によれば、「産んだ女性」「産まない女性」にはIQの差があると判明しているようです。

・子どもを産まない女性はIQが高い
女性のIQが15ポイントアップするごとに、子どもが欲しいという欲求は25%
ずつ低下する(ロンドン研究)

・賢い女性が出産しないのでIQが下落
ここ10年間でヨーロッパ各国のIQは平均して1.23%下落。その原因として、知能指数が高い女性ほど出産への意欲が低い。つまり、IQの高い遺伝子が子どもへ受け継がれにくい。(ベルギー研究)

・高学歴なほど未婚率が上昇
高卒8.6%、短大・高専卒9.8%、大学・大学院卒12.8%(日本の内閣府発表)

IQが高い女性ほど子どもを産まない、ということがこれらのデータや研究から伺えます。まあ、これは言うまでもなく、あくまで傾向であり、平均値の話です。でも、興味深い。

この傾向が生まれる原因を、IQが高い人は他人より自分自身への興味が強いからとかなんとかと、いろいろ考えられますが、、、

私はもうちょっと違う、おもしろ視点で推論をたてます。笑

【頭の良い女性は好かれる?好かれない?】

http://gata.blog.so-net.ne.jp/2015-11-06


前に、私はこんなブログを書きました。

ここでの要点は、

男性は「面識のない頭の良い女性」には好印象だが、「面識のある頭の良い女性」に好印象を抱くわけでもない

つまり、男性の多くは「賢い女性が好きだ」と漠然と思ってはいるのですが、いざ、自分の目の前に賢い女性が現れると、特に魅力を感じなかったりするのです。(中には、自分より頭良くてムカつく男性もいるでしょう)

これ、「産まない女性はIQが高い」というのと少しつながると思いませんか?^^

だって、頭の良い女性を男性はそんなに好まなかったりもするのですから。

まあ、これも人それぞれで、ただの傾向であり平均値の話。でも、全体の傾向と平均値が世界や社会という大きな枠組みを作っているとも言えるわけですから見逃せません。

こういう情報に不快を感じる人もいるでしょう。でも、全体をとらえる意味で、こういう傾向や平均値的な情報をどこか頭の片隅にいれておくのもいいかもしれませんね。

ではでは

pregnancy.png
先進国は人口減、アフリカなどの途上国は人口爆発。これもひとつの傾向ですよね。その原因のひとつとして、「人間は豊かになり、安定すると、性欲が減衰するから」という話もあります。産むことは豊かなことではありますが、ある意味では、産まないことは心が既に豊かで安定している証拠でもあるかもしれませんね。すべては見方ひとつ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

身振り手振りでその人の創造性が決まる?わかる?手をたくさん動かす子どもたちの創造性が高いと判明 [society]

【科学が証明:超シンプルなあることで子どもの創造性が伸びる】

http://www.lifehacker.jp/2017/02/170207_child_creative.html

身振り手振りが、小さな脳の創造性を高めている可能性があり、親がそれを促すことで、子どもの生まれながらの創造性をより発揮できるようになる

創造性測定の実験の中で、子どもたちに手の動作を促した結果、手の動きも、斬新なアイディアも増えたそうです。

感覚的にわかるような気がします。

身振り手振りが多い人は創造性が高い

、、とも言えるかもしれません。実際、創造性があると思う人が話しているところをイメージしてみてください。イメージした人たちの、たいていの人は身振り手振りをしっかり行っていませんか?

例えば、故スティーブンジョブス

新商品をイベントで説明する時、巧みに身振り手振りを使っていたと思います。大統領や芸術家などもそうだと思います。

逆に、身振り手振りをまったく行わないで話す人をイメージしてみてください。(ただ、突っ立ってる感じ)

その人には創造性をほとんど感じないと思います。^^;

身振り手振りとは、イマジネーションでもあり、ビジュアライズ(視覚化)でもああります。伝えたいことを言葉意外で表現しようとする時点で、かなりの創造性を発揮しているとも言えます。(創造性を発揮する脳部分を使用)

これらのことを考えると、

創造性が高い人は身振り手振りをしっかりする
身振り手振りを多くすると、創造性が上がる(鍛えられる)
創造性が上がると、身振り手振りが多くなる

相互関係とするならば、こうも言えるのではないでしょうか。

上は、子どもの研究結果ではありますが、大人にも十分適用されるのではないかと思います。

【語彙力が2倍に!?ジェスチャーで養う「子どものボキャブラリー」】

https://4yuuu.com/articles/view/787221

ただ、子どもの場合、創造性だけの話ではないようですね。
身振り手振りを交えて接すると、子どもの語彙力が2倍になるという話もあるので、大人以上に子どもには身振り手振りの重要性が高そうです。


子どもにとっても、大人にとっても、身振り手振りは重要。子どもと接する大人はもっと重要。

改めて、自分の身振り手振り、相手の身振り手振りがどれくらいのものか確認してみてください。

ではでは

gestures.png
身振り手振りがまったくない人ってのは創造性も表現性も感じませんよね。創造性を上げるための第一歩はまずは手を動かすことなのかもしれません。(ピアノと創造性の関連性がここでも証明できる?)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赤の他人でも裸で抱き合うとすぐ親密になっちゃうという実験結果(体の距離=心の距離?) [science]

【見知らぬ人同士に裸で抱き合ってもらうと一体何が起こるのか?という実験ムービー】

http://gigazine.net/news/20170203-strangers-hold-skin/

人と人との触れ合いはストレスの減少を助け、お互いに信頼度を上げる

これは、前々から言われていることですが、この現象を、見知らぬ人同士で抱き合ってもらう実験で検証したものです。

結果、裸で抱き合っているうちに、みんなリラックスし打ち解けてしまいました。初対面の見知らぬ人同士だったのに!^^

肌の触れ合いは人との距離を縮めるというのはわかってはいましたが、ここまですごい作用が働くとは驚きですね。私たちはもっと、肌を露出して、裸の付き合いをしていった方がいいのかもしれません。笑

【半裸の女性の画像を見るとき男性の脳はただの物体として処理している】

http://gigazine.net/news/20090218_girl_image_man_think/

ただし、女性のみなさま、男性の脳は露出の多い女性をモノとして認識しているようなので、ご注意です。(そんなつもりは、、笑)肌を露出するのは、親密になってからにしてくださいね
。^^


まあ、これはネタ程度に受けてもらって。。(願)

改めて、上の実験で思うのは、

体の距離
(物理的距離)=心の距離


、、ということ。

「遠くにいても、心はいつもそばに」なんて言葉をよく聞きますが、単純に体が離れてたら、心も離れやすいでしょう。(事実、遠距離恋愛はほとんどうまくいかない)

実際、仲が良い人とは体の距離を縮められますし、その逆もしかり。

体の距離(物理的距離)=心の距離

あの人との心の距離も、物理的な体の距離感を見ればわかるのかもしれません。
心の距離が近かければ、接近できる、肌を触れ合える、裸で抱き合える(性行為?)みたいな?
これは相互関係でもあると思います。だから逆に、
心の距離を近づけるために、接近する、肌に触れる、裸で、、、

最近、物理的に誰かと接近していますか?肌を触れ合えてますか?裸で抱き合えてますか?^^

ん??

これはもしかしたら、人でなくて、モノでも言えることなのかもしれない。。

今、私たちが一番、物理的に触れ合っているもの、それはスマホ??^^;

実は、私たちは人よりもスマホと心を通わせてしまっているのかもしれません。笑
だって、今、この瞬間も指先(肌)でスマホと触れ合っていませんか?^^(物理的な距離が常に近いということは、、)

体の距離(物理的距離)=心の距離

うーん、、距離を縮めるのはスマホではなく、大切な誰かでありたいですね。

【人工知能を人間の脳に融合させる「neural lace」についてイローン・マスクが近々発表か】

http://gigazine.net/news/20170201-neural-lace/


人間の脳とAIを直接結びつけるということが現実になりつつあります。

人間はスマホという機械と距離を縮めるどころか、最終的には自分の内側に入れてしまうのでしょうか。

いろいろと考えさせられます。

とりあえず、スマホと触れ合ってないで、誰か私と触れ合いましょう。笑
心の距離を縮めましょう。

ではでは

【小形誠音楽制作のお知らせ】

お世話になっているCM制作会社、太陽企画株式会社(
http://www.taiyokikaku.com/の創立49周年記念ムービーの音楽を制作しました。

hug_naked.png
私は一日中キーボードを弾いてたりもするので、ある意味、キーボードとの距離を縮め、一体化しているとも言えますね。(心身一体で曲を書いている感じ^^;)「心の距離=体の距離(物理的距離)」説は結構、核心をついていると思うのですがどうでしょう。あなたは常日頃、何と、誰と触れ合ってますか?とりあえず、裸で抱き合うのはやっぱり最強みたいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Facebookはユーザーの視野を狭めるという研究報告 [cyber]

【FacebookなどSNS、視野を狭め偽情報拡散の一因にも、研究論文】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-35095395-cnn-int

FacebookなどのSNSはユーザーの世界を広げるどころかむしろ視野を狭めさせ、特定の先入観の形成を促し、それが誤った情報の拡散につながっている。

イタリアや米国の研究チームがそんな論文を発表。

その要因のひとつとして、「確証バイアス」をあげています。

【確証バイアス】
一度抱いた仮説や信念を検証する際に、それを支持する情報ばかり集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと。

要は、「人は見たいものしか見ない」ってこと。

ソーシャルメディアのユーザーは、自分の信念や考え方を再確認したり、同意したりする目的で、そんな情報ばかりを受け入れ、共有したりしています。研究チームはデータモデリングの手法によって、このような傾向をデータとして導き出したようです。

SNS上の確証バイアス、あなたは大丈夫でしょうか。
特にFacebookは知り合いのつながりが強いので、より確証バイアスの働きが強くなりやすいでしょう。


、、と言っている私も気をつけなければいけません。

だって、この情報やネタも、私の考えのもとに検索し、持ってきたものですからね。(私が反対意見的なものをこのブログでわざわざ書くはずがない^^;)

例えば、服だって、自分好みの服しか、普通は買いません。それと少し似てるかな?

こう考えると、確証バイアスからは、完全に逃れることができないかもしれませんね。ただ、たまには、自分の信念や考えと異なる情報に触れてみるのもいいかもしれません。(たまには違う嗜好の服を買う?着る?)

そうすれば、視野が広がること間違いなしです。
結果、確証バイアスによって、偽情報を信じてしまうということも防げるかもしれません。

【FacebookがAi芸術アプリ「Prisma」を排除した理由とは?インターネット鵜の目鷹の目】

https://www.digimonostation.jp/0000085022/


最近話題の加工アプリ「Prisma」。非情にも、Facebook社はFacebookのプラットフォームからこのアプリをたった1ヶ月で追放しました。Facebook社は同様のアプリを自社で開発してしまおうということです。

何が言いたいかというと、

Facebookは「支配された空間」「管理された空間」

、、だということ。

実際、Facebookは特定の人物の投稿の表示率をあなたのタイムライン上で増減させたり、似たような投稿は連続で見せる仕組みをとったりと、人と人の接触を意図的にマッチングし、そのサービスを人々が使う時間が1秒でも長くなるようにコントロールしています。(記事引用)

つまり、

SNS、特にFacebookでは、
自分自身の確証バイアスによって、得る情報が偏る危険性があると同時に、Facebookのシステムよっても、偏る可能性があります。

視野を広げるためにも、得る情報を偏らせないためにも、私たちは相当な努力が必要なのかもしれません。

ではでは

facebook_smartphone.png
Facebookがダメというのではなく、こういう傾向、こういうツールなんだと理解した上で使用することが大事だと思います。まあ、私はFacebookよりTwitter派ですが^^(情報が乱雑であり、リアルタイムなのが良い)極論、ネットの世界自体が支配空間だとすると、究極の視野を広げる動きは、現実世界で他人の買い物に付き合う、、ということなのかもしれません。笑


スマートフォン専用ページを表示