So-net無料ブログ作成
検索選択

猿の脳波から画像を再現することに成功。脳レベルでオープンな時代へ? [science]

【サルの脳波から人間の正確な顔を再現することに成功(米研究)】
http://karapaia.com/archives/52240420.html



記事によれば、

顔の画像を見せた猿の脳波を読み取って、その顔の画像を再現することに成功したそうです。

記事の中にある、再現された画像を見ると、その再現率に本当に驚きます。

私たちはいくら「相手の視点に立って」とか言っても、現実的に、物理的に「誰かの目になること」「誰かの視線になること」はできません。でも、この技術はそれを可能にしてしまうかもしれませんね。

いつの日か、視神経だけでなく、聴覚神経や味覚神経などの脳波も同様に読み取れるようになるかもしれませんよね。近い将来、脳にコンピューターを直結させるとも言われていることを考えると、脳波データを簡単に共有、やりとりする時代も来るかもしれません。脳波データのやりとりをしたら、それこそ、本当の意味で誰か(別人)の視点に立つことになります。^^;(自分というものがわからなくなりそう)

こういうすごいテクノロジーを見ると、いつものようにこんな感じで妄想が無限に膨らみますが、、まあ、もう少し現実的なところの妄想にとどめておきましょう。

例えば、すぐに思ったのは、犯罪捜査。

死者の脳波(脳情報)を取り出して、画像化など再現ができれば、そこに犯人の顔が確実に浮かび上がってきますから、すぐに犯人が捕まります。目撃情報にも応用できそうですよね。(そういう時代の犯人は脳や眼球を破壊しそうですが、、おっと、また妄想が、、)

過去の脳波を取り出して読み取れるようになるのかとか、そもそも、人間に応用できるようになるのか、などなど、多くの問題を無視して、いろいろと妄想してしまいましたが、本当に可能性を感じるテクノロジーだと思いました。

ではでは

monkey.png
もしも、脳波情報がリアルタイムで画像再現とかできるようになったら、自分がどこで何をしているかも筒抜けだよね。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
スマートフォン専用ページを表示