So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月 | 2017年07月 |- ブログトップ

テニスの勝敗は唸り声の高低で決まる?英研究 [sports]

【テニスの勝敗は試合中の唸り声で決まっている?英研究】
http://newsphere.jp/culture/20170718-4/



ウィンブルドンテニス、男子では、フェデラーが史上最年長で見事優勝しましたね!(自分の年下だけどね^^;)

そして、これ、興味深い研究ですよね。

・テニスの試合中に発された選手の唸り声は、試合に負けた時の方が勝った時よりも高い声である
・テニス選手に他の選手の負けた時と勝った時の唸り声の短い映像を見せると、映像を見たテニス選手にはどっちが負けた時のものかがわかる
・テニス選手の唸り声は選手の状態を教えてくれる有益な情報源になりうる
・攻撃的な吠え声や恐怖の叫び声といった人間の発声が、人間の発声行動の進化に関する更なる手がかりを持っている

以上、記事引用参考。

試合に負けた時の方が唸り声が高い

なんとなくわかるような気がします。例えば、1000本ノックのようなテニスの猛特訓をしている選手を想像してみてください。たぶん、最後の方の追い詰められた状態の時の声は、ちょっと泣きの入った、高い声になりそうですよね。逆に、余裕がある時は、低めに唸る感じ。

確かに、唸り声でその選手の調子やメンタルの状態はわかるかもしれません。

さらに言うと、
実は、音楽家の視点でも、同様のことが説明できると思うのです。

高い声を出すという行為は、声帯を狭める行為でもあります。つまり、呼吸としては困難になります。
低い声は逆に、高い声に比べて声帯が広がっている状態なので、呼吸は比較的、楽です。

まとめると、

高い声=声帯狭め=呼吸苦しい
低い声=声帯広め=呼吸が楽

逆に言えば、

苦しいから→高い声になる
余裕がまだあるから→低い声になる

、、とも言えると思います。

「試合に負けた時の方が唸り声が高い」の説明として十分、理にかなっているのではないでしょうか。

今度、唸り声を気にしてテニス観戦してみるのもいいかもしれませんね。

ただ気をつけなければいけないのが、これは、A選手とB選手が試合をしてて、B選手の方が唸り声が高いから負ける、という話ではなく、A選手が普段より高めの唸り声なのか、低めの唸り声なのかという話です。

だから、普段からその選手の唸り声を聞いていて、普段より高いか低いかを判断しなければいけません。(難易度高い?)

もっと言えば、声の調子でその人の調子がわかるという話は、テニスに限らないと思います。

大切なあの人の声も普段からよく聞いておくのもいいかもしれませんよ。
声の変化で何かがわかるかもしれません。

ではでは

tennis_voice.png
高い声=苦しい、低い声=余裕がある、とイメージしておくと、また違った見方が色々できて面白いかもしれません。例えば、「はっはっはっ」という低い笑い声は、余裕を持った笑い方とかね



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

100歳まで長生きするためにやるべきこと [health]

【100歳まで長生きしたいあなたがやるべきこと】
http://gigazine.net/news/20170714-how-to-live-to-100/



人生100歳時代とも言いますからね。
元気に長生きするためにチェックしていきましょう。

・外食をやめて、週5回以上自宅で食事をとる。
 (自分の体を考えて作れるから、自然と健康になるよね)
・ベジタリアンは早死のリスク減。ソーセージなどの加工肉はなるべく避ける。
 (昔はベジタリアンだったんですけどね。何事もほどほどがいいと今は考えてます。)
・オスカー賞受賞者は4年長生き。ノーベル賞受賞者は1、2年長生き。
 (ちょっと、これは無理かな。。グラミー賞も受賞したら長生きできるのかな^^;)
・標高1800m以上の高所に住むと長生きしづらい?
 (血圧に影響するからかな?)
・緑茶と魚をよく摂る。
 (昔から日本人の長生きの要因と言われていますね)
・1週間に少なくとも150分間の運動をする
 (一日あたり20分くらいの軽運動が体に良いという研究結果もありますもんね)
・ショッピングも立派な運動。つまり、ショッピングでも死亡リスクが減る。
 (ショッピング好きの女性の買い物に付き合うと男女ともに長生きできるかもしれませんね)
・月に1
回よりも週に2、3回のセックスで心臓病リスク軽減。
 (長生きの人はお盛んという認識でいいのかな?^^;)
・平均睡眠時間が6時間未満は心臓病リスク増
 (人生の4分の1以上費やす睡眠はやはり絶対的に大事な要素です)
・悲観的な人は楽観的な人よりも早死にしやすい
 (悲観的な長寿の人って見たことないもんね)
・文化、民族的要素も影響?アメリカ人よりもヒスパニック系の人の方が長生き。家族のつながりの強さが要因?
 (日本人は家のつながりが強かったから長寿大国になったけど、今後はそうもいかなくなるかもという見方もできる?)
・娘を持つ父親は息子を持つ父親より長生き
 (よし!週2、3回励んで、娘を作ろう!笑)
・双子を持つ母親は長生きしやすい
 (最近は、排卵誘発剤によって双子も生まれやすいからねえ)
・ゲイはカップルであるほど死亡率が低い
 (これはゲイに限らず、孤独か孤独じゃないかが大きいかも)
・争いの絶えない夫婦は健康状態が悪い
 (そりゃそうでしょ。^^;)
・早く仕事を辞める人よりも好きな仕事を持って生涯現役の人の方が長生きしやすい
 (私、長生き確定しました。笑。まあ、生きがいが大事なんだろうね)
・犬や猫を飼う人の方が、そうでない人より長生きしやすい
 (確実にヒーリング効果があるからねえ)
・とにもかくにも、「健康な食事」「適度な運動」「瞑想」「家族や友人のよいサポート」という要素によって、長生きすることが可能になる。

以上、記事引用と勝手にコメント。

ただ長生きするのではなく、長く元気でいたいですね。その辺のヒントも上にあるかもしれません。

自分はあとどれくらい生きれるかな?平均寿命で考えると、あと40年くらいしかないな、、、と考えてしまうのは実は大きな間違いです!!

平均寿命とは別の言い方をすると、「0歳児が、あと何年生きれるかという、0歳児の平均余命」のことです。平均であとどれくらい生きれるかと考えるなら、私の場合、38際の平均余命を確認しないといけません。

この辺を勘違いしている人は、私の昔のブログも確認してみてください。

【平均寿命という言葉&数字のマジック】
http://gata.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19

まあ、寿命や健康に対して変に神経質になりすぎるのもいかがなものかなとも思います。

上述のように、楽観した方が長生きできそうですし。

将来の不安のために、今の予防?対策?良薬は口ににがし?

今→未来のパターンを考えてみる。

今、苦しんで→未来、苦しい
今、苦しんで→未来、楽しい
今、楽しんで→未来、楽しい
今、楽しんで→未来、苦しい

おおまかに、4パターンあると思いますが、いつ死ぬかわからないことを考えると、矢印の部分がいつ分断されるかわからないってことです。

そう考えると、今、楽しんでを絶対選ぶべきですよね。

少なくとも、今の部分に「楽しい要素」は絶対取り入れるべきだと私は思うのです。(どんなに大変な時期でもね)

うーん、見事にわかりにくい説明!

まあ、

存在しない未来よりも、存在する今を楽しめ!ってことですね。(最初からそう言え^^;)

上の長生きのヒントはなんとなく(気楽に)取り入れつつ、今を楽しみましょう。(今の健康にも役立つかもしれませんし)

ではでは

old_age_100.png
100歳まで長生き」ではなく「100歳までに●●をする」を私は考えたいですね。(100歳でなくてもいい)ただ生きるのではなく、私は何かをしたいのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この世は不平等か?実力主義か? [society]

【不平等が拡がっているが、これまで以上に多くの人が気付いていない】
http://newsphere.jp/national/20170710-2/



興味深い記事。

記事によれば、、、

・アメリカにおいて、所得トップ10%の人々は総所得の30%を受け取り、総財産の4分の3以上を所有。これは、1920〜30年代よりも悪い数値。
・格差が拡がり続けているのに、それらが人種、性別、家族の資産等に影響されるという事実に、ほとんどの人が気付いていない。つまり、ほとんどの人々は社会を実力主義であると考えている。(アメリカに限らず世界的にこういう傾向)
・富裕層と貧困層の格差が拡がるほど、お互いの層が分離され、不平等の拡大という全体像(事実)が見えにくくなっている。
・人種や家庭環境など、均一的な人間関係の中で生活する人は、実力主義な視点を持つようになる。反対に、色々な人間関係の中で生活する人は実力主義に批判的で、不平等について深く理解するようになる。
・将来を担う若者たちに不平等なこの世界をより深く理解してもらうためには、若者たちが、人種や居住地域など、多くの種類の人たちと交流を持つような環境を形成してあげることが重要。

、、、以上、記事引用参考(要約)

世の中は不平等だし、不条理であるのも事実。ただ、努力次第で変えられる部分があるのも事実。(実力主義な世界であるのも事実)

またまた、小形の必殺技。この問題も白か黒かでは考えません。笑

私がいつも思うのは、

成功している人間は「この世界は実力主義だ」と言い、うまくいっていない人は「環境のせいだ(自分の実力のせいではない)」と言う。

これ、ひとつの傾向としてあると思うのですが、いがでしょうか。

なぜそうなるかは簡単な論理です。

成功者は自分の頑張りで成功したと言いたい。(自分がすごいと言いたい)
失敗者は自分の実力で失敗したと言いたくない。(自分は悪くないと言いたい)

どちらも、自分というものを貶めたくない、下げたくないんですよね。(まあ、人間だもの)

上の記事と合わせて考えると、

この世は実力主義だと言っている人は、
成功者、均一的な人間関係の中で育ったり、生活している可能性があるかもしれません。


この世は不平等な世界だと言っている人は、
不成功者、様々な人間関係の中で育ったり、生活している可能性があるかもしれません。


まあ、これはあくまで、面白おかしくまとめた傾向です。

ただ、思うのは、

この世は不平等だとか、不平や不満ばかり言っている人で成功している人を私はそんなに見たことがありません。

個人的には、
宿命(性別、人種など)は変えられませんが、運命(人生の送り方)は変えられると思っています。

変えられないことについていつまでも不平不満を言うことは無意味だと思いますし、どうせなら、その不平不満の力を変えられる部分に費やした方がよっぽど意味があると思います。

変えられないことを受け入れつつ、変えられることをがんばっていく。

そうそう、
変えられないこと=不平等、不条理、と言うこともできるのかもしれませんね。

つまり、
この世の不平等や不条理を受け入れつつ、できる限りの実力主義を発揮していく

これが、「不平等」と「実力主義」に関する、都合の良い小形的解釈です。^^(白か黒かではない)

他人や世界は(急には)変えられないけど、自分を変えることはできる

こういうふうに言い換えることもできるかもしれませんね。^^

世の中には、変えられないこと、変えられることがいっぱい溢れています。これは絶対的な事実、現実です。受け止めて、邁進していきましょう。

ではでは

slum_gap.png
こうやって、不平等でもあり、実力主義でもある、と中途半端なことを言っている私は、成功者でも不成功者でもないのかもしれませんね。^^;


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

いい人は良いこと?悪いこと?作曲家の勝手な「いい人論」 [philosophy]

【他人と摩擦を起こすことを避ける?「いい人」ほど組織で埋没する根本的理由】
http://news.livedoor.com/article/detail/13303414/



いい人になりたいですが、いい人で終わりたくもないなって、いつも思う私です。^^;

記事によれば、、、

・「成功者には、いい人よりも変人が多い」
・いい人は他人と摩擦を起こすことを避けます。波風が立つことなく、快適に過ごせるから。
・いい人の度が過ぎると、「いい人」から「どうでもいい人」へ変化。
・成果を出すには、摩擦は必要悪と考え、それを恐るべきではない。
・他人に迎合するだけのいい人は、物事に対する自分なりの判断軸や価値観をしっかり持っていない。
・いい人ばかりの組織は、組織の不正が正されないなどの、弊害もある。

、、、以上、記事引用参考。

「いい人をやめれば人生はうまくいく」という著者のインタビュー記事だけあって、脱いい人を強調するような内容になっていますが、、、いい人はいい人で絶対必要ですし、人それぞれなんだから無理に脱いい人をする必要はないと私は思います。

ここで言う、いい人というのは、上述のように摩擦がない人なんですよね。でも、摩擦がない人間がいるからこそ組織が成り立つとも言えるわけです。だって、上からの指示に部下がいちいち反発(摩擦)があったら、成り立たないでしょ?^^;(社長→部長→課長→係長→社員、という矢印に無駄な摩擦がないからこそ、組織運営もしやすい)

要は、

良い悪いではなく、いい人が向いている人もいれば、いい人が向いていない人もいる
成果(成功)を求めるならいい人はやめた方がいいかもしれないし、そうじゃないなら、いい人で立ち回るのもあり

、、だと私は考えます。

いい人が良い悪いの極論ではなく、自分はどっちのタイプなのか、どっち方面に行きたいのかをまず考えることが大事なのではないでしょうか。

記事の中の摩擦という表現もおもしろいなと思いました。

確かに、物理法則で考えてみても、

重量(重さ)や質感など、摩擦が多い物体はやはり存在感は大きいですし、
重量(重さ)や質感など、摩擦が少ない物体はやはり存在感はなくなります。(極論、空気とかね)

空気みたいな存在にはなりたくないですが、まあ、空気も大事っちゃ大事です。^^;

もしかしたら、

重量=(社会的)立場の重さ、大きさ
質感=信念、考え方

、、とも言える??

立場が大きいほど、摩擦は増えるし、存在感が増す

信念や考え方が異質なほど、摩擦は増えるし、存在感が増す

、、と言うこともできるのかもしれません。
このふたつは、いい人度を決める大事な要素なのかもしれませんね。

内弁慶という言葉がありますが、考えようによっては、内弁慶みたいな人も全然ありだと私は思っています。家庭外では組織で必死に生きるためにへこへこして、家庭内ではえっへんと大黒柱の役割を果たすみたいにね。

何が言いたいかというと、

世の中、なんでも全否定か全肯定みたいに、なんでも白黒的な論理が多いですが、私はもっとバライエティに富んだ解釈をして欲しいなと思っています。(灰色とか、ケースによっては黒、ケースによっては白みたいな)

だから、この「いい人議論」も、いい人であるべきか、じゃないべきかという白黒論ではなく、中間的いい人もありだし、内弁慶のような、組織ではいい人だけど、家庭内ではそうではない、みたいなのもありだと思っています。

まあ、人それぞれと言ってしまったら、それまでですが、^^;

いつ、どういう時、どういう環境下(ケース)ならいい人になる、ならないとか、どの程度いい人になるとか、

つまり、

いい人であるべきかどうかではなく、自分の「立場」と「信念」を基準に、いい人というツールを使い分けていったらいいんじゃないのかなと思います。

ここではいい人になるけど、あそこではならない、みたいに。^^;


もちろん、その「立場」と「信念」はしっかりと論理的に説明できるものでなければなりません。(意見を言いたいだけなのかどうなのか、なんでもかんでも反対したり、賛成したりする人はこの辺が欠如している可能性も?)

ということで、
自分の立場と信念を今一度、確認して、自分のいい人具合を探っていきましょう。使い分けていきましょう。

ではでは

iihito.png
組織人と一匹狼の私とでは、もちろん、いい人論理は変わってきます。(ここでは立場の違いね)理想論を言えば、いい人でなおかつ存在感のある人になりたいし、成果もあげたいんですけどね。。そのためには、いい人の中でも異質(摩擦)な感じになればいいのかな?(ここまでくると、話が終わらないな、こりゃ^^;)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

来年、129年ぶりに1kgの定義が変わる。ルールが変わる。 [science]

【もうすぐ「1kg」が変わりそう】
http://www.gizmodo.jp/2017/07/new-one-kg.html

【重さの単位「キログラム」の定義 129年ぶりに変更されることに】
http://news.livedoor.com/article/detail/13233792/



私たちの生活にも馴染みのある「kg」という単位。2018年11月、なんと129年ぶりに新しい定義を公開、更新するようです。

多くの単位が世界には存在しますが、特に大事な7つの単位のことを「SI基本単位」と言うそうです。キログラムはその一つです。(その他の多くの単位がこの7つの組み合わせや換算によって定められている)

ちなみに、SI基本単位の7つとは、
「長さ:メートル(m)」「質量:キログラム(kg)」「時間:秒(s)」「電流:アンペア(A)」「温度:ケルビン(K)」「光度:カンデラ(cd)」「物質量:モル(mol)」のことです。

今、現在、キログラムの単位の定義はフランスにある「国際キログラム原器(IPK)の質量」という円柱の合成金に基づいています。これは40個の複製が作られ、日本には6番目のものが1890年に来たようですが、オリジナルのものより0.176mg重いことが判明しています。

汚れの蓄積や酸化による物質の変化もあるでしょうから、本当にセンシティブな問題です。

ただ、今回、新定義されるキログラムは電磁力ベースのもの。その辺の問題はクリアになるのかな?特殊相対性理論とプランク定数によるものみたいですが、個人的に思うのは、相対性理論を否定する意見も最近ちらほら出てきているので、相対性理論が万が一破綻したら、またやり直しなのかな?と^^;

おっと、ここまで、つまらない人にはつまらない話をダラダラと書いてしまいましたね。。

自分が使っている体重計は今後どうなるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、問題ありません。単位の新定義によって、影響を受けるのは、製薬会社や物理学者、警察組織の鑑識といった、ものすごい精度を求められる現場です。(ゼロコンマいくつの世界の話なので)

でも、こういう記事を見て、改めて思うのが、

世界を支配しているのはruler(ルールを作る者)だなってこと。(実際、rulerは支配者と訳すらしい。)

音楽に関しても、音楽を作る者よりも、その音楽を取り扱うルール(仕組み、プラットフォーム)を作る者、決める者の方が断然強いのです。

クリエイターやプレーヤーよりも、ルールを作るルーラーの方が断然強い

先ほど、キログラムの新定義で私たちの生活に直接的な影響はないと言いましたが、考えようによっては、製薬や物理学、警察の鑑識などで影響があるということは、間接的ではありますが、「根本的なところ」で私たちに影響があると言ってもいいのではないでしょうか。

ちなみにですが、先日7月1日に18際未満の雇用禁止に関する都の条例が施行されたことを知っている都民はどれだけいるのでしょうかねえ。

このように、ルーラーは私たちの感知せぬところでどんどん根本的なルールを作り出していることが結構多いです。

作り出されたルールの上で動き回るプレーヤーの私たちは何ができるというわけではないですが、

ルーラーが作ったルールの上で私たちプレーヤーは常に生きている

、、ということを意識するだけでも大きな意味はあると思っています。

都議選投票率が51.28%だったことを受けて、こんなことを思ったのでした。(半分って少なすぎでしょ!!)

ではでは

kg_cylinder.png
ルールを作れる側の人間はほんの一握りです。じゃあ、ルーラーになりたい?と聞かれれば、私はなりたいとは思いませんね。(選挙などで関与はしたいけど)だって、クリエイター、プレーヤーも楽しいですから。(音楽作るの楽しい^^)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

2017年06月 |2017年07月 |- ブログトップ
スマートフォン専用ページを表示