So-net無料ブログ作成

お酒の種類によって気分が変わる?3万人の調査結果から傾向が判明 [health]

【お酒の種類は攻撃的・リラックスなど異なる気分と関係する、という研究結果】
https://gigazine.net/news/20171124-alcohol-type-emotion/

【「飲む酒の種類によって酔い方や気分が違ってくる」ことが科学的に判明】
http://buzzap.jp/news/20171124-sort-of-alcohol-change/


 


気がつけば2017年も終わりが近づいてきました。宴会シーズン突入の人も多いと思います。今日はお酒の種類によって気分が変わるというお話。お酒の量はもちろんですが、お酒の種類も気をつけた方がいいかもしれません。

記事によれば、、、

・ビール、蒸留酒、赤ワイン、白ワインの4種類がどのように人間の感情に関わっているか調査
蒸留酒は他の3種よりもネガティブな感情を引き出しやすい
赤ワインはポジティブな感情との関わりが強い
リラックス度は赤ワインが一番が高く53%、次はビール50%。4つの中では蒸留酒が一番リラックス度が低い20%
・回答者の60%が赤ワインを飲むと疲れると報告。(白ワインは18%だけ)
・蒸留酒は「攻撃性」「精力的」「自信」「セクシー」などとの関連性があった
・蒸留酒では回答者の30%が暴力性との関連性を報告。(ワインは2〜3%、ビールは6〜7%)
・蒸留酒の59%の人がエネルギーに満ちて気が大きくなると答え、42%がエロい気分になるとのこと
・どのお酒も家の外で飲んだ時は「自信」「精力的」「セクシー」と関連する傾向が高かった(家飲みだったら関連度は低め?)
男性はどのお酒でも攻撃性と関連しやすく、飲酒の多い人(依存度高い人)は少ない人に比べて攻撃性のレベルが6倍も高かった
・飲酒の多い人は少ない人に比べて、飲酒時に「精力的である」と感じる傾向が5倍も高く、ポジティブな感情を生み出すことに依存している

、、、以上、記事引用参考。

18歳から31歳までの回答者3万人という膨大なデータなので、傾向をとらえるという意味では、それなりに信用のできる調査だと思います。

なんかバーっと見ていると蒸留酒のイメージがそんなに良くないですね。^^;

赤ワインが一番リラックス度の高いお酒ということですが、確かに、赤ワイン飲んでて、興奮してオラオラしている人ってそんなに見たことないかも。笑

とにもかくにも、お酒の種類によってこういう気分の傾向が変わってくるというのはとても興味深いです。ただ、もちろん、これはあくまで傾向のお話です。

例えば、蒸留酒を飲んだから攻撃的になったという話にはならなくて、私はこう思います。

お酒を飲んで攻撃的になるのは、その人に元々、攻撃性があるから。
お酒を飲んでエロくなるのは、その人に元々、エロさや性欲があるから。

いくらお酒を飲んでも、自分の中に無いものは出せるはずがありません。
自分の中にあるから、飲酒時に出るのです、増幅されるのです。

もちろん、私もお酒で取り乱したことはあります。自戒も込めて、上述のようなことを肝に銘じております。

今日はお酒の種類がテーマなので、最後にこれをチェックして終わりましょう。

【二日酔いになりやすいお酒ベスト5!&二日酔いになりにくいお酒ベスト2!】
https://yabiiiiii.jp/?p=14022

〈二日酔いしやすいお酒ベスト5

・色の濃いお酒
 (バーボンなど。コンジナーという成分が危ない)
・炭酸入りのお酒
 (ビールやシャンパン。炭酸はアルコールの吸収を早める)
・メタノール入りのお酒
 (ウィスキーやブランデー、ワイン)
・混成酒
 (梅酒やリキュール、料理酒のみりん)
・リキュールベースのお酒
 (カシスやカルーア、カンパリなどのカクテル)

〈二日酔いしにくいお酒ベスト2〉
・蒸留酒
 (不純物が少ないため。ハイボールもおすすめ)
・値段が高いお酒
 (値段が高いほど、不純物を取り除く作業が行われているから)

あら、ここでは二日酔いしにくいお酒として蒸留酒が出てきました。蒸留酒、名誉挽回ですね。^^

ではでは、良き年末宴会シーズンを♪

alcohol_bar.png
お酒の種類だけはなく、現在の自分の体調、自分の感情、誰と飲むか、などなど、飲酒時にチェックしておかないといけないことは他にもたくさんありますよね。何事もすべては複合的に発生していますから。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

能力の低い人ほど自己評価が高い、ダニング・クルーガー効果から色々考える [society]

【なぜ無能な人は「自分最高」と思うのかをムービーでわかりやすく解説】
https://gigazine.net/news/20171122-incompetent-people-thinking/


 


記事によれば、、、

・企業Aでは32%のエンジニアが自分たちの能力を「トップ5%」だと評価
・企業Bでは42%のエンジニアが自分自身を「トップ5%」だと評価
・88%の運転手が「自分は平均以上の運転能力を持っている」と評価
・ディベート大会で負けた下位25%の人の中には「自分たちは勝利した」と考えている人が60%近くいた
・このように、自分の能力を過大評価してしまうことを「ダニング=クルーガー効果」と呼びます

、、、以上、記事引用。

ダニング=クルーガー効果

私、初めて耳にした言葉です。一体どんなものだろうと、ちょっとだけリサーチしたら、もっとわかりやすくまとめられていたところがありました。

【ダニング・クルーガー効果とは?無能ほど自信満々になる心理バイアスのメリットとデメリット】
http://soyokazesokuhou.com/dunningkrugereffect/

ダニング・クルーガー効果=能力の低い人ほど自信満々な傾向

ただ、ここでは能力が高い人との関連性やその傾向も説明しているのがおもしろいです。

テストの成績が悪い学生ほど、自分の得点を高く見積もっていた
テストの成績が良い学生グループは正確に見積もるか、若干低く見積もっていた

仕事できない人間が自分は仕事できると思ったり、
仕事できる人間が自分なんてまだまだと思ったり、

魅力のない人間が自分は人気者だと思ったり、
魅力的な人間が自分自身の人気に気づいていなかったり、

安易にこれらをまとめると、

できない人間は本来より自己評価高め
できる人間は本来より自己評価低め

、、ということでしょう。

この傾向は本当にそうだなと思います。

だって、できる人間は「自分なんてまだまだ」と思うから、向上心を持って日々どんどん成長していく一方で、できない人間は「自分はもうできている」と思っちゃうわけですから、向上心は持ちにくいです。実際、トップアスリートのインタビューの言葉を思い出してみると、こういう傾向が見えてくるような気がします。(「まだまだ修正しないと」「反省して次にいかします」とかとか)

記事内では、ダニング・クルーガー効果のメリットとして、自己評価が高いことが自信につながり、行動力もアップすると言っています。デメリットとしては、過信した運転技術を例にして、自分にも周りにも大きな不幸を呼び込む可能性があると言っています。

私、思ったんですけど、
自己評価が高いこと自体は、とっても幸せなことだし、幸福感を感じれると思うんですよね。(自己評価が低いって結構ストレスですし)

自分自身が幸福感を感じるという点においてはダニング・クルーガー効果のような自己評価高い傾向は逆にいいことなのかもしれません。

安易に、満足感=幸福感と考えるなら、

できない人間は本来より自己評価高め=幸福感高め?
できる人間は本来より自己評価低め=幸福感低め?

ただ、現実は、、

できない人間は他者評価は低いから、給料などの待遇は低めかもしれない
できる人間は他者評価が高いから、給料などの待遇は高めかもしれない

でも、お金や他者評価が幸せのすべてではないからねえ。。そう、幸せは人それぞれです。

ダニング・クルーガー効果は、自己評価を正しく行うことの難しさを、よく説明してくれているわけですが、
いろいろ考えたり、、そもそも論を言ってしまえば、何が正しい自己評価なんてのもわからないわけです。

とりあえずは、

どんな立場になっても向上心を忘れないこと
他者の意見(評価)をよく聞くこと
自分の幸福感も大事にすること
自己評価さえままならないのに、むやみに他人の評価なんてしないこと

、、なんてことを、改めて思った私なのでした。

ではでは

funnyface.png
「できた!だけど、もっとできるはず、もっとできるようになろう」が一番良い自己評価サイクルかもしれませんね。あと、ダニング・クルーガー効果は一種の生命維持本能機能かもと思ったりもしました。(能力低くて、自己評価も低かったら、本当に生きにくいからね)
幸福感と合わせて考えると、できる人間とできない人間はこういうところで相殺されている部分があるのかもしれません。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自尊心とナルシシズムの違い [society]

【あなたが自尊心だと思っているのは本当はナルシシズムかもしれない】
https://gigazine.net/news/20171118-narcissism-self-esteem/


 


「いきすぎた自尊心」=「ナルシシズム」ではないとのこと。自尊心とナルシシズムはどう違うのか。

・自尊心は子ども時代に最も低く、成長と共に高まっていくのに対し、ナルシシズムは子ども時代に高く徐々に低くなっていく(全く反対のグラフを描く)
・親が子どもの能力やパフォーマンスを過大評価、称賛すると、その子どもはナルシシズムになる傾向。ユニークな名前をつける傾向も
・親が慈しみや感謝の気持ちを持って子どもと接すると、その子どもの自尊心を育てる
自尊心とは「他人より優れていること」ではなく、「自分自身に満足していること」の感情が中心
・ナルシシズムは「他人より優れいてること」の感情が中心
・自尊心とナルシシズムの両者は「外向性・積極性・ポジティブ感情・報酬へのモチベーション」は共通
・自尊心はナルシシズムに比べて「誠実さ・忍耐力」が高い
・ナルシシズムは「他人に敵意を向ける」といったような悪い意味での同調性が強い
・ナルシシズムは「怒りを表現・大声で怒鳴る・脅す・物理的な攻撃性」といった敵対表現傾向にある
・ナルシシズムは人間関係に問題が多く、不相応にリソースを得ようとする傾向
・ナルシシズムは自分を社会的ネットワークの中心だとみなし、競争や論争に巻き込まれやすい
・ナルシシズムは反社会的な行動・攻撃性の傾向
・自尊心は「他人と親密で深い関係を結びたい」
・ナルシシズムは「他人を支配したい」「他人よりも優れた結果を得たい」

、、、以上記事引用参考。

似ているようで全然違う、自尊心とナルシシズム。これでだいぶ整理できましたね。

自尊心とナルシシズムの違いを簡単に言ってしまうと、(なんでも簡単にしたがり病^^)

過剰な他人への意識があるかないか

、、なのではないでしょうか。

他人がいなくても自分を評価できる人は自尊心
他人がいないと自分を評価できない人はナルシシズム

、とも言えるのかもしれません。

鏡の前とかでポーズを決めたたりすると、ナルシストと言われたりもしますが、上の観点からすると、それはナルシストではないのかもしれませんね。(他人とか関係なく、自分イケてるって勝手に思っているわけですから)

あと、音楽をやっていると、「アーティストはナルシストが多い」って話をよく聞くのですが、これもまた、上の観点からすると、ナルシスト、ナルシシズムとは言わないのかもしれません。他人とか関係なく、純粋に自分のかっこいいを表現しているという意味では、自尊心に近いのかもしれません。(他人に勝ちたい、支配したい、「俺の方がすげえだろー!」というアーティストはナルシシズムなのかもしれませんが)

こうやって、日常を振り返ってみると、自尊心やナルシシズムについて、色々と考えを改めないといけないことは多いかもしれませんね。

自分自身が自尊心なのかナルシシズムなのかも、改めて、考えてみようとも思いました。周りからみて、どうでしょう?^^;私は自尊心多め、ナルシシズムは少しはあるかなという自己認識ですが。。(白か黒かって話ではない)

最後に、こんなものもあったのでご紹介して終わります。

ではでは

【かなりヤバい!ナルシストに関する15の事実】
http://nomadonna.net/mentality-personality/20161214/

・女性より男性に多い
・他者と良好な長期関係を築けない
・他人を貶し、自分に優位な話題が多い
・他人に完璧さを求め、できなければ批判する
・SNSのプロフィール写真が自分の顔写真
・自分撮り(セルフィー)を頻繁にアップしている
・SNSに成果や業績、ダイエットなどに関する投稿が多い
・SNSで誹謗中傷を繰り返しやすい
・ナルシストの親はナルシスト
・自己愛性人格障害の中の「多情型(好色的)ナルシスト」は、演技的、魅惑的、病的に嘘つき
・ストーカー気質
・プライドが高い
・グズ
・夜型人間
・オタクな人ほどナルシスト傾向

narcissism.png
鏡の前で「私イケてる」はナルシシズムではなく、「アイツなんかより私の方が全然イケてる!」がナルシシズムということですね。私もよく、自分の曲を「かっこええ!」と思いながら作ったりしているのですが、これはナルシストではなく自尊心なのだなと改めて思ったのでした。あと、自分的には、自尊心とは、「自分を大切に思う気持ち」だとも思っています。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

脳チップで記憶を消す、もらう時代。最新科学研究から生まれる心配 [science]

【記憶を消去し、病気と闘ってくれる脳チップ。15年後、超人類誕生の予感】
http://karapaia.com/archives/52249150.html


 


記事によれば、、、

・15〜20年以内に脳に使用する確かなツールが登場すると予測(脳チップ?)
・例えば、完璧な記憶、嫌な記憶を消す、学習のスピード向上、脳同士のコミュニケーション、など
・誰かの経験を買う(もらう)なんてことも可能に?

、、、以上、記事引用参考。

脳のテクノロジーのお話はこれまでも何度かブログで書いてきましたが、こういう記事を読むと本当に実現化が迫ってきているなと感じます。

上で紹介したように、脳チップによって多くの可能性は広がっています。しかし、多くの心配が出てきてしまうのも事実です。

脳チップの値段は?誤作動は?なにかしらの弊害は?道徳、倫理的な問題は?などなど、色々心配事はあると思いますが、

今回、私は少し違う視点での心配事を訴えてみます。(作曲家が勝手に科学を語る。笑)

【NHKスペシャルで臓器はメッセージを発信との新説を放送 衝撃の新説が大反響】
https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-628809/

NHKでやっていた内容のようですが、要点は

脳は臓器に命令を出す司令塔と思われていたが、実は脳やすべての臓器はお互いに会話をし合っている「補完しあう関係」

脳がトップにいてその下に他の臓器たちがいるのではなく、脳やすべての臓器は並列関係で指令を出し合っているということです。

なんと、筋肉や脂肪もメッセージを発しているというから驚きです。

つまり、私の心配というのは、上で紹介した脳チップのような技術は並列関係の他の臓器に何か変な影響を与えないかということです。

例えば、脳チップで運動会の記憶を消したとしましょう。でも、並列関係の他の臓器は運動会の記憶(運動会時の臓器運動の記憶?)は消えてないので、そこで変なギャップが生まれるのではないかという心配です。

ある意味、脳や他のすべての臓器は同期関係なのに、脳という一つの情報だけ変えても平気なの?

、、という心配です。

もちろん、脳チップはまだ実現していませんし、すべての臓器が会話している説もまだ一説にすぎません。

そうです、未確定、不確定情報の中、妄想大好き人間が勝手に心配事を述べただけなのでした。^^

失礼。

ではでは

brain_chip.png
腸は第二の脳と言われたり、ふくらはぎが第二の心臓と言われたりもします。すべての臓器が補完的に並列的に機能しているという説はかなり有力なのかもしれません。そんな中、上のような脳テクノロジーは「脳が司令塔である」という発想が前提としてありそうで、少し心配になったのでした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

男の自撮りと女の自撮りには違いがある。調査結果からわかるその傾向と心理。 [culture]

【男と女の自撮りに違いがあるのはなぜか?】
https://gigazine.net/news/20171108-men-women-selfies/


 


スマホやSNSの普及した今の時代、人様の自撮り写真を目にすることは多くなりました。そんな自撮りに男女で違いがあるという興味深い調査です。

記事によれば、、、

・オンラインのデートサービスにおいて、多くの女性のプロフィール画像はカメラが上から見下ろす角度で撮影されている(ビジネス特化型SNSにおいても女性は上から見下ろす形の画像が多い)
・ビジネス特化型SNSにおいて、多くの男性のプロフィール画像はカメラが下から見上げる角度で撮影されている(オンラインデートサービスにおいては男性にこのような傾向はない)
・キーポイントは閲覧者が男性か女性であるか
・つまり、「男性が写真を見るという意識をする女性は上からの角度で撮影する傾向」「男性が写真を見るという意識をした時の男性は下からの角度で撮影する傾向」

、、、以上、記事引用参考。

簡単に傾向をまとめると、

女性向けの女性自撮り(カメラ上から)
男性向けの女性自撮り(カメラ上から)
女性向けの男性自撮り(特に傾向なし)
男性向けの男性自撮り(カメラ下から)

、、という感じ。

「上から撮ると、女性は平均で2歳若く見られる」「上から撮ると、女性は細く若く見られ、魅力的に写ります」「下から撮ると、男性は支配的な立場に見え、自分を大きく見せることができる」

記事にもこう書いてあるように、男女共にこういうことが本能的にわかっているのでしょうね。

まあ、単純に考えても、被写体本人の視線が見上げる写真(カメラ上から)は「かわいい、甘え」、本人の視線が見下げる写真(カメラ下から)は「支配的、威圧的」という印象を与えるのはよくわかりますよね。(甘えるのに見下げる視線、威圧感を出すのに上目づかい、なんてありえないですからね。笑)

そして改めて思ったことは、

女性へのアプローチの正攻法ってないんだなってこと。笑

だって、上の簡単にまとめた傾向を見えてもらえれば一目瞭然だけど、男性は女性向けにどういう写真を撮ればいいというものがないのですよ。^^;(女性は男性に対してどういう写真撮ればいいかわかりやすい)

まあ、考えてみれば、威圧的な男性が嫌いな人もいるでしょうし、上目づかいの男性が嫌いな人もいるでしょう。正解がありません。。(やはり正面が無難?)逆に言えば、男性が魅力的に感じる女性像って、わかりやすいのかもしれません
。細くて、若くて、上目づかいの女性?^^;

一応言っておきますが、これは私の意見ではありませんよ。。そして、これらはあくまで傾向なので悪しからず。

兎にも角にも、いろんなものが見えてくる調査結果ですね。

気になるあの人の自撮りやプロフィール画像をチェックしてみましょう。

ではでは

selfie.png
不意打ちでない限り、誰かに写真を撮られる時、ポーズを決めたりしますよね。だから、写真の中には基本、「こういう風に見られたい自分」というものが少なからず存在するはずです。つまりは、撮る側も撮られる側も全て自分で行う自撮り写真は「究極のこういう風に見られたい自分」なんだと改めて思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

大人にも適用できる?子どものためにならない5つのNGな褒め方 [life]

【子供のためにならない!5つのNGな褒め方とは?】
https://news.nifty.com/article/item/neta/12101-24648/


 


子どものためとは書いてますが、大人にも適用できるのではないかと思いました。(気持ちが子どものまま大人になった人も多いですから。私も?^^;)

【5つのNGな褒め方】

・曖昧に褒める
(心に届かないし、自分のことを本当にちゃんと見てくれているか不安になる)

確かに、具体的に褒められた方が嬉しいですし、自分のことをちゃんと見てくれている感じがします。

・結果や才能を褒める
(コントロールのできないこともある結果や才能を褒めるのではなく、やり抜くことや努力を褒めるべき

これは本当にそう思います。結果だけ褒めていると、変な結果主義に陥り、結果が出ないと極端に落ち込んだりと、不安定になります。また、才能ばかり褒めるのも良くないです。その悪い典型が、「あなたはやればできる」です。こればかり言っていると、本人はやらないまま、「私はやればできるはず」と思いながら、何もやらないという最悪の状態に陥ることがあります。やはり、結果や才能ばかり褒めるのではなく、やり抜くことや努力することを褒めるということは本当に重要だと思います。(別の言い方をすれば、行動することやプロセスを褒める、とも言えるかも)

・簡単過ぎることを褒める
(自分にはこれぐらいしかできないのかと思ってしまう。ナルシストを生む危険性も)

褒める行為って、相手を評価していることでもあります。相手に対する期待値が高いか低いかで褒める基準も叱る基準も変わってきます。高すぎる期待値で叱られるのも嫌ですが、低すぎる期待値で褒められるのも嫌ですよね。

・既に好きでやる気に溢れていることを褒める
(褒められることが続くと自発的な情熱や興味が消えてしまうという研究結果も)

「自発的なやる気」が「褒められるためのやる気に」に変わってしまうという指摘は本当にそうかもしれません。いくら本人が頑張っていても、褒めるのもほどほどが一番ってことですね。

・他人と比較して褒める
(勝ち続けることなんてまず無理なので、勝ち負けで褒めてたら、負けた時点でやる気をなくす)

他人と比較して良いことってほとんどないですよね。(何かの基準にはなると思うけど)記事にもあるように、他人との比較ではなく、過去の自分との比較なら意味があると思います。

以上、いかがでしたでしょうか。大人の世界でも十分適用できる内容だと思いませんか?

誰かを褒める時、上記の5点に気をつけることはもちろんですが、褒められる時も、この視点があると、ちょっとした俯瞰の視点で相手(上司とか?)を見ることができて面白いかもしれませんね。(褒められる=評価されているという立場なのに、俯瞰してしまう。笑)

お互いに気持ちよく褒め、褒められていきましょう。

ではでは



good_boy.png
ちなみに、ネズミを調教する時、最も効果的な学習方法は、「報酬のみ」>「報酬と罰のコンビネーション」>「罰のみ」という順になるそうです。このことから、人間の育児も「褒める」>「アメとムチ」>「叱る」が良いという報告があります。どうなんでしょうね?ムチはともかく、褒めるだけじゃダメだと私は考えますが。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

チョコレート会社が研究費を出しているから、チョコレートが体に良いという研究結果が続々と発表されるという事実(情報の捉え方はよくよく考えなければいけない) [society]

【チョコレートが体に良いという研究が続々と発表される理由】
https://www.lifehacker.jp/2017/10/171031_why-there-s-always-a-new-study-about-chocolate.html


 


記事によれば、、、

・チョコレートに関する研究が、それ以外の分野の研究より研究費が潤沢なら、チョコレートの研究をする研究者が増える
・チョコレート会社は、チョコレートの印象を良くする研究を発表した研究者を選んで研究費を提供することができる(チョコレートの害の研究には研究費は出さない)
・そして、企業や組織は、研究費を提供した「チョコレートは体に良いという研究」が発表されると、必ずプレスリリースを出す
・つまり、チョコレートが体に良いというイメージは、米食品大手会社Marsが何十年にもわたり資金提供してきた研究によるもの

、、、以上記事引用。

確かに、本当にそうだなと思います。

そもそも、研究者は研究者自身でお金を稼ぐことはできません。たいていはどこからか研究費を出してもらっているはずです。言わば、支援者やスポンサーが必ずいるのです。

支援されている人が支援者の損になるようなことはしません。
むしろ、支援されている人は支援者の得になるようなことをします。

まあ、当たり前の論理ですよね。

この当たり前の論理は研究者以外のいろんなところでも適用されていると思います。

テレビとスポンサー
政治と支援団体
著名人と所属グループ
などなど

研究ネタが大好きで、私もブログでよく取り上げますが、改めて、それらの情報の捉え方は気をつけなければいけないなと思いました。

もちろん、支援されている人の情報のすべてが誤りというわけではありません。それらの情報は一面的になりがちということです。(真実は多面体)

そうそう、少し前にテレビで「100歳の人が常食している食べ物ランキング」という番組がやっていて、第1位に「ヤクルト」が登場して、その直後にヤクルトのCMが流れた時は、わかりやすすぎて、笑ってしまいました。

何かの情報を捉える時は「どういう人が」発信しているかの「主語」がとても大事です。
しかし、その主語の背後には何があるかという部分まで見つめないと、本当の意味での主語を捉えられていないのかもしれません。
(つまり、本当の情報が捉えられない)

例:×チョコレート研究者 ◯チョコレート会社に支援されているチョコレート研究者

情報をそのまま鵜呑みにすることも、主語をそのまま鵜呑みにすることも、それはとても危険なことなのかもしれません。
背後まで考えながら、情報を捉えていきたいですね。

ではでは

chocolate.png
例えば、私だってたいていの場合、自分が属する業界や組織を貶めるような情報を発信したりしないでしょう。(究極は家族のこととかね)つまり、私だけの情報では絶対に真実にはたどり着けません。多くの人(多くの情報源)から情報を得て初めて真実に近づくのだと思います。(一面一面を集めて象って、多面体の真実に近づくイメージ)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
スマートフォン専用ページを表示