So-net無料ブログ作成
2017年11月 | 2017年12月 |- ブログトップ

内科医においては、男性医師よりも女性医師の方が患者の死亡率・再入院率が低くなる(論文) [health]

【事実!女性医師のほうが患者の死亡率が低い。同研究が「今年影響力の高かった論文3位に。】
http://toyokeizai.net/articles/-/200786


 


記事によれば、、、

・オルトメトリク社は、論文がどれだけ読まれたか、引用されたか、ニュースやその他のメディアでカバーされたのか、SNSなどでどれだけ多くの人が話題にしているかなどを総合的に評価(論文評価の新たな指標「オルトメトリク」)
・そのオルトメトリク社が選んだ影響力の大きい論文、2017年ランキングにおいて、「女性医師の方が男性医師よりも患者の死亡率・再入院率が低いことを明らかにした論文」がトップ3にランクイン
・論文によれば、女性医師が担当医だった場合、死亡率・再入院率ともに3〜4%低くなることが判明
これは内科医を対象にしたもので、外科医においては男女差は無し
・男性医師に比べて女性医師のほうが診療ガイドラインにのっとった治療を行う傾向があり、予防医療をより多く提供し、患者とのコミュニケーションスキルも高いから
・男性よりも女性の方がリスク回避型(不確実性を好まない)という傾向もまたひとつの原因

、、、以上記事引用参考。

死亡率・再入院率が3〜4%低いって、そんなに大差ある?と思うかもしれませんが、医療業界ではこの数値は大きいようです。

内科医というのもやはりポイントでしょうね。外科医は手術とかで、ズバリと除去、根絶みたいなイメージがありますが、内科医は薬の処方など、なんとなく、だんだんと緩和、リスクを下げるイメージがあります。
上の記事で、女性はリスク回避型と言っていたように、そのへんが女性内科医は男性内科医よりも適しているのかもしれません。



昔のブログ記事を思い出しました。

【不利な競争を避ける女と無謀なリスクをとる男。競争社会における男女の違い】
http://gata.blog.so-net.ne.jp/2016-06-22

このブログ記事で、
ストレス下において、男性は周囲関係無しで突き進むが、女性は周囲に共感を求める
、、そんな傾向を紹介しました。

人の命を預かる医師のストレスは相当なものでしょう。そう考えると、この傾向も医療の判断などに影響を及ぼす可能性もあるかもしれません。

いずれにせよ、医師全体で女性医師の比率が低いことも考えると、内科において、自分の担当医が女性医師になったら、ちょっとラッキーくらい思ってもいいのかもしれません。^^

自分勝手な感覚としては、女性医師はなんとなく安心はしますね。それは、どこか母性的なものを感じるからかもしれません。でも、女性が女性医師にかかる場合はその辺どうなのでしょう?

患者と医師、その男女の相性もありそうな気もします。

男性患者と女性医師
女性患者と女性医師
男性患者と男性医師
女性患者と男性医師

「男性医師よりも女性医師の方が」という2パターンよりもさらに細かく、いつか、この4パターンでもデータをとってみて欲しいですね。

ではでは

female_doctor.png
オルトメトリク社の2017年論文ランキングトップ10はこの記事で確認できます。
【日本人の研究が2017年の「世界で影響を与えた科学論文」トップ3にランクイン】
http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/11/japan-paper-top3_a_23304248/
あと、論文発表者が男性でよかったです。この論文が女性によるものだったら、見方が少し変わってしまいますからね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

どんどん発見される地球に似た惑星 [free]

【ちょっと遠いけど期待。惑星「K2-18b」がスーパーアースである可能性が高いことが判明。地球外生命の存在に期待】
https://news.biglobe.ne.jp/trend/1209/kpa_171209_9920048702.html


 


以前に発見された惑星「K2-18b」がスーパーアースである可能性が高いとのこと。

【スーパーアース】
太陽系外惑星のうち地球の数倍程度の質量を持ち、かつ主成分が岩石や金属などの固体成分と推定された惑星のこと。

まあ、簡単にいえば、理論上、生命の存在する可能性がある惑星ということです。

この惑星「K2-18b」は地球から111光年です。宇宙レベルで言えば、ご近所と言えますが、111光年はやはり遠い。。

でもですね、、もっと地球から近い惑星が先日、発見されたのですよ。

【地球に似た温度の惑星「Ross 128b」11光年先に発見 太陽系に接近中】
http://sorae.info/030201/2017_11_17_ross.html

11光年!!近い!!、、、でもやっぱり遠い。。^^;
ちなみに、この惑星「Ross 128b」は太陽系に接近中なようで、7万9000年後には地球に最も近い系外惑星になる可能性があるそうです。(こういう話を聞くとやはり遠い。。)

それにしても、近頃、こういうスーパーアース系の惑星がよく発見されていると思いませんか?

それには一応理由がありまして、少し昔のブログでも紹介しております。


【望遠鏡(自分)の実力で宇宙の常識(世界)が変わる。】
http://gata.blog.so-net.ne.jp/2013-03-22

簡単に言ってしまうと、観測技術が向上したから、新しい観測方法になったからなんです。

そして、そして、上述の記事の最後の部分に書かれているように、NASAは2019年にジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡という新たな望遠鏡を打ち上げ予定です。もちろん、この新たな望遠鏡によってさらなる発見が期待されます。

はあ、宇宙好きとしては楽しみですねえ。2019年。

あ、まだ、来年は2018年でしたね。

ではでは

new_planet.png
常識が変わるとはよく言いますが、実はそうではなくて、もしかしたら、常識や真理というものは常に変わらずあるだけで、それを見つける、気づける力が自分側にあるかないかだけ、と言った方が正しいのかもしれません。望遠鏡の力が増すたびに、宇宙の常識がどんどん変わっていく様子を見て、そう思いました。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギフトは物理的な重さが重要。ギフトの重さで受取手の印象が変わるという研究結果 [free]

【重さは高級感。ギフトで迷ったら重いものが吉。研究が裏付け】
https://www.gizmodo.jp/2017/12/make-gift-luxury.html


 


クリスマス、お歳暮、お年賀など、ギフトトシーズンですね。そんなギフト選びのために、おもしろくも興味深いヒントをどうぞ。^^

記事によれば、、、

・チョコレート箱に30gの重しを入れておくと、チョコレートの品質の印象が劇的に向上した
・つまり、ギフトの重さによって印象が変わる
・この法則は陶器や食器類、香水、ワインなど、たいていのラグジュアリー製品にあてはまる
ギフトの色も大事で、一番高級感があるのは黒
・なぜなら、黒は人間がもっとも重いと感じる色だから
・プレゼント自体が軽いものだったら、箱だけでも重いものにしよう

、、、以上、記事引用参考。

これはおもしろい。でも、なんだかわかるような気がします。頂いた物が手にずっしりときたら、なんだか高級感を感じますし、品質を良く感じてしまうような気がしますもんね。

違う視点でみれば、
高級品って、包装が異様にしっかりしてたり、箱もしっかりしていたりします。そんなふうに、商品以外の部分がとても多くて、しっかりしていれば、全体としては自然と重みが出てきます。お店側はもしかしたら、「重さ=高級感、高品質」という、この人間の心理現象をわかって、そういう包装の仕方をしているのかもしれません。

ただ、高級品のような包装や箱が用意できない場合、どうやって重みを出すかは一工夫が必要ですね。上の研究のように、箱の中に重しを入れるわけにもいかないので。笑

いや、隠し重しを仕込むのもありかな?でも、重しがバレたらかっこ悪い。笑

まあ、とにもかくにも、

どういうふうに相手に物理的な重みを感じてもらうかを考えるよりも、どんなギフトが相手の心にずしっとくるかを考える方がよっぽど懸命なんですけどね。^^


 


ちゃんちゃん♪

ではでは

gift_box.png
いくら物理的に重くても、それが大きいギフトだとそんなに意味がないと思います。「この小ささでこの重さ?」と思わせる意外性のある重さこそが上記の効果を強く発揮するのだと思います。指輪などのプレゼントはその典型かもしれませんね。(指輪の箱って小さいのにしっかりしてて重い)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

AIチップを脳に移植で人の気分を解読&コントロールが可能に。実際に人への使用開始 [science]

【人の気分を変える"マインドコントロール"AIチップの脳移植実験が開始される(米国防高等研究計画局)】
http://karapaia.com/archives/52249986.html


 


脳とテクノロジーの話はこれまでもブログで何度か取り上げてきました。それらは、「こんなすごいテクノロジーが開発された」とか、「テクノロジーによってこうなる可能性がある」という話がほとんどでした。しかし今回は、実際にそのテクノロジーを人に使用し始めたという驚きの話です。

記事によれば、、、

・電極が設けられた極小のワイヤーを脳に移植
・高周波数のショックを標的の脳領域に与え、脳内の電気信号の一部を変化(脳深部刺激)
・それによって、振る舞いや運動が変化する
・この脳深部刺激はパーキンソン病などの運動障害の治療には用いられてきたが、気分障害の治療は今回が初
・実際、てんかんの患者に対して、効果を発揮し気分を改善。さらにはその人の気分を解読することも可能だと説明

、、、以上記事引用参考。

テクノロジーによって人為的に人の気分(感情)を読み取ることができ、コントロールすることもできるわけです。
本当に映画のような世界になってきました。

いつも言っているように、テクノロジーの発展は多くのメリットとデメリットの両方をもたらします。

今回のAI脳チップで言えば、

脳疾患の患者を改善させるメリットもあるでしょうし、
悪い意味でコントロールする者とコントロールされる者とで分かれる可能性(デメリット)もあるでしょう。(科学者が一般人を?親が子を?組織が組織員を?国が国民を?)

まあ、良いことも、悪いことも挙げていけばキリがないんですけど、私が強く思うのは、

今後、こういう主要となる分野について、私たちは専門家などの他人任せにせず、一人一人自分自身でしっかり勉強していかないといけない、ということです。

今回に絡めて言えば、AIもその一つにあたるでしょう。AIはこれからの世界には欠かせない分野になってくると思います。だから、一人一人がAIについてプチおたくというか、プチ専門家になるくらいにならないといけないようが気がします。(少数のプロフェッショナルだけの世界は危険)

だから、AIなどの重要分野に関しては、

限られた少人数のプロフェッショナルしかいないような世界ではなく、一人一人がセミプロフェッショナルな世界であるべきだと思います。

極端な話、今後は、義務教育のカリキュラムには英語よりもAIの授業を組み込むことの方が重要なってくるかもしれません。(自動翻訳も実用化されつつあるし)

いずれ、AIが政治を回すという話もありますよね。例えば、政治や国を動かしているAIの事を、私たちが何も知らないというのはなんか嫌だし、不気味だと思いませんか?まあ、現代の政治についても同じようなことは言えるかもしれませんが。苦笑

今回はAIを例に挙げて話をしましたが、AI以外にもたくさんの、これからの世界の要になってくる分野はあると思います。(遺伝子学とか量子力学とか)

ここまでうだうだと書きましたが、もっとシンプルに言いたいことを言うと、

大事なことほど、他人事(他人任せ)じゃまずいよねってこと。
なんでも他人事(他人任せ)の世界はなんだか怖いし、良い方向にはいかないよねってこと。

こうシンプルに言ってみると、至極当然のことですね。^^;

ではでは

brain_chip.png
一般人としては、知らないうちにAI脳チップを入れられたりしないような、防御策が何か欲しいですね。怖れすぎ?笑(生まれた瞬間に入れられたら、防ぎようもないけど)


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

2017年11月 |2017年12月 |- ブログトップ
スマートフォン専用ページを表示