So-net無料ブログ作成

第6感=直感、第7感=閃き。その違いと発揮条件とは。 [philosophy]

【天才が持つ「1%の閃き」を科学的に引き起こす方法】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180127-00157392-diamond-bus_all


 
・五感を超えた第6感という言葉が、「閃き」を表すのに使われることがあるが、閃きには、第6感と第7感の2種類ある
第6感は「直感」とも呼ばれ、過去に同じ状況を何度も経験したことにより、類似の状況に一瞬で「直感的に」対応できる脳の動きを指す。つまり、過去に経験したことのない状況では働かない
第7感は脳内の過去の記憶や目の前の状況などを、脳が勝手に組み合わせることで生じる。それによって、それまでに経験したことのない状況でも、斬新なアイディアを「閃く」ことができる

以上、記事引用参考。

直感や閃きを第6感、第7感という言葉で新たに定義(区別)しているところがおもしろいです。

上の記事の中では、第6感の例として、消防士やアスリートなどを挙げ、第7感の例として、エジソンやスターバックスのビジネスモデルを作り上げたハワード・シュルツを挙げています。

私、前に、直感に関して、こういうブログを書きました。

【【検証】直感VSデータ。いや、直感=データ?】
http://gata.blog.so-net.ne.jp/2015-11-18

このブログ記事で、

「第六感とも言われる直感力とは、これまでに培った莫大なデータを元にした計算結果」

、、と紹介してします。

まさしく、上の記事とリンクしますね。

直感に従えとか、直感が大事とはよく言いますが、経験値がない分野に関しては直感なんて働かないのです。例えるなら、私は音楽に関しては直感が冴えます。なぜなら、音楽経験を積んでいるからです。でも、いきなり、将棋を直感で指せと言われても無理な話なのです。

それでは、第7感とも言われる「閃き」に関しては、経験値など関係なく、なんの前提もなく、湧き出るものなのかどうか?

上の記事の中で、第7感を働かせる4つのステップが紹介されていました。

1、歴史の先例
2、オープンマインド
3、突然の閃き
4、決意

常識的な考えから脱するオープンマインド、そして、突然の閃き、決意(強い意志)の重要性はもちろんですが、私がより重要視したのは、「歴史の先例」。

「新たな組み合わせが乗じるためには、解決しようとしている問題に関連しそうな事柄を網羅的に調べるなどして知識を増やしておく必要がある」と記事でも書かれているように、

第6感を発揮するためには、経験値が必要なのと同様に、

第7感も、それを発揮するためには、全体を網羅するような知識がやはり必要ということなのです。

つまり、第6感も第7感もどちらも積み上げたものがあって、初めて発揮されるということです。

あえて言うならば、何もしてこなかった人、何も積み上げてこなかった人に、急に直感や閃きなんて起こりようがないのです。

「直感」、いや、ある意味では、「閃き」は「棚からぼた餅」的なところがあるかもしれません。

しかし、

たくさんの棚を用意しておくからこそ、ぼた餅が落ちてくる可能性も高まる

、、とも言えると私は思っています。

上の第6感、第7感の話で、改めてそう思いました。

ではでは

light_ball.png
第6感=直感、第7感=閃き。イメージ的に、直感はその字のごとく、経験や本能に直結して感じているイメージ?閃きは多くの知識や強い意志など、複合的な要素の摩擦の中で一瞬の火花がちるイメージ?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

IQが高すぎるリーダーはなぜ低評価なのか [philosophy]

【IQが高すぎるリーダーは低く評価されることが調査で判明、低評価になるIQのボーダーラインは?】
https://gigazine.net/news/20180122-people-dislike-smart-leaders/


 
カルフォルニア大学の研究で、

「リーダーの効力、戦略形成、ビジョンといった特性に関して、評価がピークとなるのはIQ120で、それ以上になると、評価は低くなっていく」

、、みたいです。

つまり、IQ120を超えるような高IQのリーダーは職場仲間からの評価が低くなるようです。

なんでこういう現象が起きるかの理由は明示されていませんが、同研究所で前々から主張されていた以下のことが、ひとつのヒントになっていると思います。

「頭脳明敏なリーダーの言葉は人々の頭を素通りする。彼らの解決案は実行するには複雑すぎ、リーダーの下にいる人々はそれらと自分とを関連づけるのが難しいのだ」

すっごい簡単に言ってしまうと、高IQのリーダーの言葉(意図)を部下が理解できないということだと思います。

なんとなくわかるような気がしますね。わかりやすい例で言うと、博士が一般人と会話をする時に、わかりにくいカタカナ(専門用語)を連発してしまうようなこと。

IQが高い人というのは、ある意味、「ある問題に対して即座に答えを出す能力」に長けている人とも言えます。でも、個人プレイならそれでいいのですが、組織の中では、その答えを共有できないと意味がないのです。

つまり、高IQのリーダーが低評価なのは、リーダーと部下とで意思疎通しにくいから、ということなのだと思います。

頭が良いのかもしれませんが、難解な言葉(理論)ばかり投げかけてくる人を見ると、「この人はバカなのかな?」と個人的にいつも思ったりする私です。^^

言葉を発するなら、その意味や内容が相手に伝わらないと意味がないのです。

だから、低評価になりがちな高IQリーダーにアドバイスをするのならば、(えらそうに笑)

相手のレベルに合わせて、もしくはプラスアルファ(プラス1か2くらい)で相手(部下)と意思疎通を図ることが大事(プラス1のさじ加減って本当に難しいと思います)

低レベルが高レベルに合わせる(上げる)ことはできませんが、高レベルが低レベルに合わせる(下げる)ことは可能ですからね。(親が子に教えるように)

あ、一応、リーダーのみなさんに言っておきますが、自分は低評価だからといって、イコール、自分のIQが高いせいだという話にはなりませんよ。^^;(単なる能力不足の可能性も^^;)

上の話はあくまで、高IQなのに低評価の理由のお話です。

ただ、

相手のレベル(立場)に合わせて、意思疎通を図る
相手が理解できるまで、意思疎通を図る

、、という点は、高IQか否かは関係なく、リーダー全員、いや、すべての人に言える大事なことだと思います。

すぐには、相手(の能力)は変えられませんが、自分(の姿勢や言葉)は変えられますから。

以上、組織に属していない個人プレイの一匹狼がえらそうに語ってみました。^^

ではでは

leader_iq.png
低評価の高IQリーダーは、もしかしたらEQ(Emotion Intelligent Quotient)が低いのかもしれませんね。念のため言っておきますが、人の能力を表す指数はIQだけではありません。(CQとか、ICEとか)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

DNAによるパートナー探し。SNSからわかるAIによる性格分析。自分が決めるのではなく、「決められた世界」の生き心地は? [science]

【DNAが見つける完璧なパートナー 遺伝子をチェックする恋活アプリが誕生】
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/dna-2.php


 
・遺伝子によるマッチングアプリ「フェラモール」が2月にリリース。(アメリカ、テキサス州)
・専用の遺伝子キットを使って検体を採取し、フェラモールに送り、11種類のDNAを分析
・フェイスブックやツイッターなどのSNSと連携させることで、ユーザーの嗜好や趣味、関心事、週間なども解析され、DNA情報と合わせて、運命の人を導きだす

うーん、やってみたいような、やってみたくないような。^^;

決められた運命(出会い)を喜ぶ人と決められた運命を喜ばない人(つまらないと感じる人)とで、こういうアプリの評価は分かれてきそうですよね。

【Twitterの「裏アカウント」でもAIは騙せない。文章の解析で「性格分析」に科学的アプローチ】
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/dna-2.php

上の「フェラモール」もSNSの分析を活かしてユーザーの特性を導き出しているように、AIなどのテクノロジーによる人間の性格分析は今後どんどん行われていくでしょう。

言わば、占いのような科学的根拠のない人間分析ではなく、科学的根拠のある人間分析です。

ただ、いろんなことが効率化されていくことは良いことですが、度を超すとそれはどうなのだろうかとも思います。

・良い人だと思って付き合ったのに、実は最悪の人だった
・この仕事に向いていると思ったのに、実は向いていなかった
などなど、

上のような技術によって、正解が決められたような世界ではこういう失敗は起きなくなるかもしれません

でも、失敗のない人生ってどうなの?偶然性のない人生ってどうなの?決められた世界って楽しいのかな?などなど、色々と考えさせられます。

ただ改めて思うのは、
例えば、時代変革の代表例、携帯電話がなかった時代と携帯電話が普通にある時代。どちらにも良い面と悪い面があったと思うし、あると思います。

だから、上の技術によって、すべてが特定され、決められていく時代になっても、同じように良い面と悪い面の両方は必ず生まれてくるのだと思います。(具体的にはまだわからないけど)

良い面ばかり見てもダメ、悪い面ばかり見てもダメ

きっとそれが大事。

すべてが分析、特定され、決められていく時代

本当に変革の時です、バランスを保ちながら、みなさん一緒に生きていきましょう。

ではでは

DNA_line.png
決められた世界なんてつまらないとは思いつつも、将来、自分の選んだパートナーが「DNAやSNSによる解析結果として、あなたが選んだパートナーとは相性が最悪です」と診断されたら、自分の決断が揺らぎそうですよね。^^;(意志が弱い)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

日光浴(バイオレットライト)で近視予防になるのに、スマホ(ブルーライト)では眼精疲労?? [science]

【子どもの近視に予防の可能性 外遊び2時間で発症減】
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO24824350Z11C17A2000000?n_cid=LMNST020


 
子どもの近視の原因は日光浴不足も原因?

近視は環境要因や遺伝的要因が複合的に関わって発症するというのは大前提ですが、
これは何年も前から言われていることです。実際、5年前の私のブログでも紹介している情報です。

【目とお肌も心もお天道様次第??】
http://gata.blog.so-net.ne.jp/2012-05-11

まだ可能性や推測の域を出ていないようですが、かなり確定的な情報と見てもいいのかもしれません。
改めて、現在の情報を整理してみましょう。

・「外遊びの時間が長い子どもは、近視の発症率が低い」という事実
・両親が近視であっても、1日2時間超外遊びする子どもは外遊びをしない子どもに比べて、近視の発症率が3分の1以下



これらは太陽光(可視光線)の中の波長が短い光、バイオレットライトに関係があるのではないかと言われています。簡単に言ってしまえば、バイオレットライトを浴びた方が近視になりにくいということです。(バイオレットライトは窓ガラスに遮断されるし、屋内にはほとんど入ってこない光)

上の記事では、この話の流れで、
近視予防に役立つバイレットライトを通過させつつ、目に悪いとされるブルーライトを15%カットするレンズのメガネの宣伝の話になっていくのですが、、、

ちょっと待てよ??

スマホやPCなどのデジタル画面から発せられるブルーライトが目によくないというのは有名な話です。実際、私もPCとスマホにブルーライト遮断シートを貼っています。(ブルーライトは目を疲れさせる)

波長の短いブルーライトは、エネルギーが強いため、網膜へのダメージ、瞳孔を縮めようと目の筋肉を酷使され、目の疲れなどにつながる、とということなんですが、、

あれ?

上の画像を見てもらうとわかりますが、近視予防になるバイオレットライトはブルーライトよりもさらに波長の短い光ですよね?

ブルーライトもバイオレットライトも、両方とも波長が短い光なのに、悪者扱いと善者扱いで、扱いが違ってくるぞ。これはどういうことなんだ?

結局、ただメガネを売りたいがための、メガネ業界に都合の良い、単なる誘導情報、宣伝情報なのか?(陰謀論^^;)

こんなふうに思い悩み、なんとなく5年前の上のブログ記事を読んでいると、気になる一文を見つけました。

「日光を浴びることによって眼圧が下がって健康な目を維持することができる」

ブルーライトの説明からもわかるように、波長の短い光が目に負担をかけることはなんとなくわかります。この一文でなんとなく辻褄があうような気もしますね。(適度な目へのダメージが近視を予防する感じ?)

でも、それを言うなら、子どもたちにスマホやPC画面でブルーライトを浴びさせることも、近視予防になるのでは?とも考えてしまう私なのでした。

もしも、子ども時代の近視予防がブルーライトでも意味があるのなら、屋内でスマホ操作させることの方がいろいろと都合がいいですよね。(親が楽だし、紫外線対策もできるし^^)

以上、バイオレットライトもブルーライトも、波長が短い光同士なら、与える影響やその性質も同じじゃないの?という発想から
思いつきをだらだらと書いてみました。失礼。

ではでは

sun_light.png
子どもの近視予防の話が主でしたが、太陽光と視力の関係は大人には関係ないのかな?波長の短いブルーライトで目が疲れるなら、同じく波長の短いバイオレットライトでも目は疲れるとは思うんだけど。(日光浴で眼精疲労?)波長の長い光(オレンジ色)の夕日は目にはダメージがなさそうなのはなんとなくわかります。私の疑問や好奇心はまだまだ止まりません。^^;


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

音声アシスタントの性別はなぜ女性?音声アシスタント時代に対する雑感 [cyber]

【音声アシスタントってなんでどれも女性の声ばかりなの?】
https://www.gizmodo.jp/2018/01/about-voice-assisntants-gender.html


 
AndroidやiPhoneの自動音声、そして、最近ではGoogle Homeみたいに家の中でデジタルアシスタントを使う時代になってきました。ただ、それらの音声アシスタントの声ってほとんどが女性なんですよね。(昔から使われている車のナビガイドとかもそうかも)

その理由が、上の記事の中で紹介されてました。

聞き手の性別に関わらず「人は権威のあること(リーダーシップを求められること)に関しては男性の声を好み、助けやサポートを受ける場合に関しては女性の声を好む」

デジタルアシスタントに莫大な金額を投資しているGoogleやTomTomの研究によって、このことが裏付けられているようです。

本能的にこの感覚を生み出しているのか、男や女に対する偏見フィルター(文化)がこのような感覚を生み出しているかは定かではありませんが、現状、全体的にこういう意識(感覚)があることは確実なようです。(試しに、音声アシスタントを女性から男性に変えてみてください。印象はかなり変わるはずです)

いずれにせよ、サポートをする音声アシスタントは女性であるべきだという路線で、これからも女性の音声アシスタントがどんどん生まれていくのでしょう。

下記の記事を読んだ時、その思いがさらに強くなりました。

【グーグルの「Yacotron2」が人間の声を再現、精度はほぼ人間】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180110-00019244-forbes-sci

Aiが人間と区別できないほどの自然な発声能力を確保したという驚きのニュースなのですが、ただ、このシステムは、まだひとりの女性の声を再現するにとどまっているようです。

でも、やっぱり、女性の声から開発されていくようですね。

それにしても、本物の人間の声をしゃべるAIを妄想すると、本当にSFの世界が現実になりつつあるなと思います。

ひとつ懸念するのは、これからは声の偽造もできちゃうってこと。写真や動画の偽造はもう慣れましたが、これからは声の偽造も気をつけないといけないのかもしれません。まずは、女性のみなさん、気をつけていきましょう。(気をつけようがない?^^;)

ではでは

home_smart.png
スマホ時代は文字で個人情報を集めていましたが、これからの音声アシスト時代は、私のたちの声の情報をどんどん集めているのかもしれません。GoogleやAmazonなどの大企業がね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

自分の思う成人とは?大人とは?世間の思う成人とは?大人とは? [life]

【10の質問でわかる成人度 あなたはちゃんと大人になれてる?】
http://top.tsite.jp/news/lifetrend/o/38417666/?sc_int=tcore_news_recent


 
昨日は成人式だったようですね。自分の成人式が何年前かを考えると、月日の流れに再度驚いてしまいます。^^;

成人、、、大人ってなんでしょう。たまに考えさせられます。

前にも、成人式の流れから、こんなブログ記事を書いていたのを思い出しました。

【成人式から10年以上、、大人の定義】
http://gata.blog.so-net.ne.jp/2014-01-15

この昔のブログ記事で自分なりの大人の定義を勝手に語っていますが、まあ、大人の定義なんて人それぞですよね。それよりも、「60歳以上の4人に1人が自分を大人と自覚していない」という情報に注目をすべきなのかもしれません。

アラーフォーになって思うのは、人間は大人になろうとし続けて人生終わっちゃうのではないかということ。「大人=立派な人間、理想の人間」と考えるならば、自分の思う大人を目指して、大人になり続けようとすることが大事なんじゃないかと最近は思ったりします。

だから、新成人には、「大人になろうとし続けてください(努めてください)」と言いたいですね。(急に大人になれとは言わない)

ここまで、勝手に自分の大人論を振りかざしてしまいましたが、

世間一般に言う大人というものはどういうものか、という視点も大事かなと思い、上の記事をピックアップしてみました。

<10の質問でわかる成人度>

・目立つのが大好き
・将来のことはあまり考えないようにしている
・責任を取る立場にはなりたくない
・なにかビッグなことがしたい
・できることなら子ども時代に戻りたい
・仕事なんかしたくない
・自分には特別な才能があると思っている
・スマホゲームにはまっている
・大人買い、あるいは衝動買いをよくする
・人に迷惑をかけることになっても自分らしさを大事にしたい

以上、10項目、あてはまるものが多いほどお子ちゃまなようです。

この10項目を大人とは何かという視点で自分解釈で勝手に言い換えてみると、、

・わきまえるという気持ちのある人が大人
・将来を見据えるのが大人
・責任をとるのが大人
・漠然とした夢ではなく、具体的な目標を持つのが大人
・現実逃避をしないのが大人
・仕事など、社会的役割を果たすのが大人
・自己分析がちゃんとできている人が大人
・実利を重んじるのが大人
・節度のある金銭感覚を持つのが大人
・人に迷惑をかけない、かけたくないと思うのが大人

、、という感じでしょうか。

自分なりの大人像を目指すのも大事。
世間一般の言う大人像を確認するのも大事、、なのかもしれません。

ではでは


adult_ceremony.png
個人的な思い出としては、自分の成人式の1ヶ月後に母が他界したので、年齢的にも、出来事的にも、本当の意味で「大人にならねば、強く生きていかねば」と思ったのが今でも鮮明に残る自分の成人シーズンです。力みすぎた部分もありましたけどね。(若かったなあ^^;)あの日からずっと、おっさんになった現在も、ずっと大人になり続けようと頑張っています。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年の出来事を予習 [politics]

【2018年の出来事イベント開業開催予定トレンドカレンダー】
https://mirai.uriba.me/2018year/


 


改めて、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2018年の大きなイベントごととしては、2月の平壌オリンピック、6月のサッカーワールドカップ、11月眞子さまご結婚、という感じでしょうか。

トレンドカレンダーを見て、個人的に
思ったこと、

サッカーワーツドカップ楽しみだなあ、数日前に箱根駅伝で映っていた小涌園が閉業しちゃうことにびっくり、スターウォーズの新作(スピンオフ)映画がもう、6月に公開されるのか、、早く上映中の観に行こう、よく使う小田急線の複々線化工事が3月に終わるのかやったー!、10月に築地市場営業終了&豊洲市場営業開始するのか、、どうなるのやら、、などなど。^^;

世界にも目を向けてみましょう。

【2018年に注目の10大イベント】
http://www.afpbb.com/articles/-/3156241

韓国、キューバ、ロシア、イラク、英国、アメリカ、ベネズエラ、コンゴなど、世界の国々のイベントが注目されています。

【2018年10大リスク 新たな冷戦が始まった 安倍首相は中国になびいていく国を止められるか】
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20180103-00080072/

「2018年の世界は、地政学的に過去20年で最も危険な環境だ」ということです。その中心を担うのが中国です。中国の動向が世界の流れを決めてくると言っても過言ではないのかもしれません。注視していきたいですね。

身の回りのこと、目の前のことの、小さなくくりの現実に追われることがほとんどですが、上のような大きなくくりの現実も確認はしておきたいものです。

直接的な影響がないからといって、大きなくくりの現実をおろそかにすることはよろしくないと私は考えます。おろそかにすると、どこかで必ずデメリットが生じるでしょう。(特に大局的な、大事な判断をする時とかね)

スケールダウンして例えるなら、それは、社長の意向(会社としての戦略)を何も知らずに、目の前の業務だけこなす社員のようなもの?テロなど世界の情勢など下調べせずに世界旅行にいくようなもの?(ちょっと違うかな??^^;)

いずれにせよ、世界中のひとりひとりが大きな川の流れの中で生きていると考えれば、その大きな川のことをちょっとくらい知っておいた方が絶対良いに決まっているわけです。(どっちに流れる?どれくらいのスピード?とかとか)

そうそう、

試合の流れを読むとか、時代の流れを読むとか、よく言いますもんね。

2018年も、大きな流れを読みつつ、コツコツと小さなことを積み上げていきましょう。

ではでは

world_flag.png
中国を敵視し、アメリカと友好?中国側?アメリカ側?みたいに、なんでも二極化して考えるのはよくないと思います。願わくば、日本は自立した、第三者的な立場を築いて欲しいものです。(冷戦の米ソ、今の米中のような二極化するのがよくない。何極もあるのが理想だと思う)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
スマートフォン専用ページを表示