So-net無料ブログ作成

技術進歩のスピードもすごし!スピード技術の進歩もすごし! [science]

リニアモーターカーが先日、時速603kmという世界最高速度を記録しました。仮に時速600kmで走れば、東京〜大阪の所要時間がおよそ54分になります。海外、特に中国のネット上では「せまい日本、そんなに急いでどこに行くんだ」「すぐ海に突き出てしまうぞ」というコメントも寄せられています。^^でも、そんなことを言っている中国だって、実はすごいことをやらかそうとしているんですよ。


東京〜大阪「10分」マッハ2.5戦闘機並み「真空チューブリニア」開発に取り組む「中国」「米国」の本気
http://www.sankei.com/world/news/150501/wor1505010004-n1.html

マッハ2.5、つまり時速3000kmですよ!こんなの開発されちゃったら、日本のリニアが時代遅れの産物になり、存在価値が一気に下がることになります。新技術が旧技術に取って代わるのは世の常。技術進歩、競争の怖い所です。(ユーザーからすればわくわくですが)

技術進歩のスピードもすごいし、実際のスピードの進歩もすごいすごい!

まだまだ行きますよ!!

NASA、「ワープドライブ」エンジンを試験運転中。完成すればたった4時間で月に到達

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52191379.html

電子レンジなどでも使われるマイクロ波を利用するEMドライブというエンジンが開発中です。計算上ではなんと、月まで4時間、火星までは70日、現在の技術では1万年かかるケンタウルス座アルファ星には100年で行けるようです。

いったいどれだけのスピードなんじゃい!?

えっと、月までの距離が384,400kmなので、

距離÷時間=速度、、でしたよね?たしか。だから、、

384,400km÷4時間=96,100km

なんと!時速96,100km!!

中国のリニアの時速3000kmもたまげましたが、9万って、、。地球の一周がおよそ12700kmなので、1時間で地球を8周近くしちゃうことになりますし、地球を8分弱くらいで一周しちゃうことにもなります。笑

いずれにせよ、上で述べてきた技術はまだ実用化には至ってはいませんから、それがいつ頃になるかが気になりますね。自分が生きているうちにどこまで行けるようになるんだろう?わくわく。

日によっては半径10mも動かない深夜の作曲家は夢を見るのでした。笑

でも、やっぱ妄想はふくらみます。

ではでは。

warp.png
もしかしたら未来の人には「移動中の景色を楽しむ」「移動中の時間を活用する」という概念自体が存在していないかもしれませんね^^。そういえば、リニアモーターカーは電磁波、EMドライブは電子レンジのマイクロ波。人体への影響も多少気になるところもあります。「スピード」だけでなく、「安心や安全」の部分も是非是非、一緒に技術進歩して行って欲しいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スマートフォン専用ページを表示

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。