So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

着るだけで身体能力が上がるシャツ。フェアなオリンピック、フェアなスポーツとは何ぞや? [sports]

【着るだけで身体能力が上がるシャツを開発(特許出願済)「リプライシャツ」4月より発売へ】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000031370.html


 
平昌五輪終わりましたね。毎日引きこもりの自分は、作業の合間にとる休憩のたびにテレビをつけて観戦していたので、結構楽しませてもらいました。(日本人も活躍したしね)

そして、2年後には東京五輪が控えております。いろいろと大丈夫かなと心配になりますが、まあ、自分は何もできないので信じて待つだけですね。^^;

上の記事は、着るだけで身体能力が上がるシャツというものです。着用実験では95%の人が通常の20〜30%のパワーアップを体感したとのことです。

もしかしたら、東京五輪ではこのようなシャツを着て参加する選手がたくさん登場するのかもしれません。

【異常な時代の終焉、レーザーレーサーの今とは】
http://news.livedoor.com/article/detail/6311569/

これで思い出すのは、2008年にレーザーレーサーという水着が登場して、競泳の世界新記録がバンバン出てしまう異常事態が発生したこと。

後々、ラバー素材の禁止と、身体全体を覆う水着の面積に規定ができたことで事態は落ち着きましたが、上のシャツも同じような運命をたどる可能性がありますよね?

身体の外側で強化する水着やシャツもそうですが、
身体の内側で強化するドーピングなども難しい問題です。

ドーピング検査にひっかるドーピング、ひっかからないドーピングという括りもあるみたいですし、(検査の意味なくね?)、さらには、脳内ドーピングという、脳を直接刺激して身体能力をあげるものも出てきているようです。遺伝子レベルのドーピングもあるみたいですから、ここまでくると、もうわけがわからないですね。

東京五輪では、こういう道具やドーピングなど、「身体を強化、補強する」問題とどう向き合って対処していくかがすごい問われています。大会ごとにテクノロジーが発達して問題も複雑化していくから大変です。

もう、いっそのこと、「全部あり」にしちゃえば?と思ったりもするのですが、そうすると、フェアじゃなくなるという声も出てきます。(そうしたら、国ごとの経済力、テクノロジーの差で決まってしまう?)

じゃあ、はたして現状はフェアなんでしょうか?

今大会の国ごとのメダル獲得ランキング、いや、五輪史上の国ごとのメダルの総獲得数ランキングを見てもらえればわかりますが、

【国別メダル獲得数ランキング】
https://entamedata.web.fc2.com/sports/olympic_medal.html

国ごとの経済力、テクノロジーの力の差がもろに現れていることがわかります。つまり、オリンピックは国の力を誇示する場所、言い換えれば、国の力がアスリートの力とも言えるわけです。(冬季五輪は冬季スポーツが盛んな国が強さを示しているけど)

このことを踏まえると、現状もフェアじゃないと思っている、発展途上国の選手は結構いるかもしれませんよね。
(生活するだけで大変な国のアスリートからすれば、芸能やスポーツを楽しめる、強化できるという時点でうらやましいでしょう)

選手の身体の外側(水着、シャツ)
選手の身体の内側(ドーピング的な?)
選手のバックグラウンド(国、スポンサーのサポート)


これらすべてのことを考えると、どこをどこまでどうすれば、完全なフェアな戦いになるのかは定かではありません。

五輪、スポーツ、フェアとはなんぞや?純粋なアスリートの能力とはどこからどこまでを指すのか?(道具、ドーピング、栄養、スポンサーのサポートなど)などなど、、

いろいろと考えさせられます。

ただ、「結果を出す選手たちが素晴らしい」ことは間違いありません。

恵まれていようがいまいが、結果を出すことの難しさ、大変さ、大事さは、大人の私たちがよくわかっていますからね。^^;
(子どもの世界はプロセスが大事、大人の世界は結果が大事)

こうやって全体をいろいろ考えるとなんだかなあと思う部分もありますが、、
アスリート個人に焦点をあてるとやはり素晴らしい!感動!

最終的にはこういう思いになります。^^;

ではでは


olympic_athlete.png
東京五輪は7/24〜8/9に開催。平昌五輪は厳しい寒さ、天候が大変そうだったけど、東京五輪は暑さがやばそうです。真夏にフルマラソンなんかできんのかね?本当、東京五輪はいろいろと心配です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

うつ病患者の使用頻度の高い言葉→「一人称代名詞」「絶対語」 [health]

【うつ病の人は「鬱語」を話していることが言語分析で判明!「絶対に〜」「必ず〜」を連発する人は危険!?】
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0222/toc_180222_9790261185.html


 
記事によれば、、、



うつ病患者は、一人称代名詞(meやmyself、Iなど)を多く使う傾向にある(無意識に私中心?他者への関心が希薄だから?)
うつ病患者は、「常に」「何もない」「完全に」といった絶対語の使用頻度が高い(絶対語=100%正しいとか、間違っているとか、例外がないような場合に使われる言葉)(白黒はっきりさせたい絶対主義的な傾向が強い)

、、、以上、記事引用参考。

記事の中で、常に(always)、完全に(completely)と紹介されているように、これらは海外の情報ですが、私たち日本人にも適用できるような気がします。

ネガティブな表現や言葉よりも、上述した、「一人称代名詞」「絶対語」の方がうつ病患者との関連度が高いようです。(まあ、悲観的なのに、元気な人は結構いますからね^^;)

一人称表現ばかり
白か黒か的な絶対語ばかり

確かに、こういう人は、鬱になってしまう可能性は高いかもしれませんね。

一人称ばかり使うということは、視野も狭くなっている可能性もあるし、仲間意識、仲間のような存在が自分の中にいない可能性もあります。(孤独?)
絶対語ばかり使うということは、考え方に余裕がない、幅がない、逃げ場がないなど、これも視野が狭くなっている可能性があります。

逆に言えば、私たちがうつ病の人と接する時は、上の情報を意識して、「あなたは一人じゃない、私がそばにいるよ」「選択肢や可能性は無限大」というようなことをうまく伝えられたらいいのかもしれません。

まあ、これらの情報も"独りよがりになって絶対的なもの"と信じ込んではいけませんが^^;

あくまで参考程度に。

相手をよく見て、よく思い、寄り添っていきたいですね。

ではでは

depression.png
こんな私も昔、精神的に病んだことがあります。確かに思い返してみれば、当時の私は「自分が自分が」ばかり、絶対語ばかり言っていたような気がします。(ネガティブではなかったし、むしろポジティブ)やはり、心を徐々に解く、周囲の愛情が救いになりました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ボール遊び禁止公園ばかりの環境が軟弱肩の子どもたちを作り出している(調査結果) [society]

【子どものボール投げ、男女とも低下傾向】
https://www.asahi.com/articles/ASL2F5J5ZL2FUTQP02R.html


 
記事によれば、、、



・1985年のピーク時に比べて、子どもたちのハンドボール投げの距離が男子は7m強、女子は4m弱も減っている
・「子どもの人気スポーツが野球中心から多様化したこと」「公園でキャッチボールできないこと(ボール遊び禁止公園)」を原因として挙げた

、、、以上記事引用参考。

男子が7mも距離を減らしているなんて、近頃の子どもたちは相当、肩が軟弱化しているなと思ってしまう、草野球おじさんの私です。^^

私が今回、注目したのは、「公園でキャッチボールできない」の部分。

確かに、今時の公園って「ボール遊び禁止」「球技禁止」ばかりですもんね。ひどい場合、「大声禁止」とかもあるらしい。。「ペット禁止」ってのも最近は多いです。ここまでくると、一体、誰のための何のための公園なんだ?と思ってしまいます。

子どもの話に戻して、、、

このような、ボール遊び禁止公園ばかりの環境が少なからず、子どもたちの軟弱肩を作り出していると考えることはできます。この論理で考えると、大声禁止公園ばかりになると、将来、声を大にして言えない子どもや大人ばかりになってしまう恐れもありますね。^^;

まあ、これらの話は直接的要因ではないかもしれません。しかし、「じわじわと影響を与えている要因、環境、基盤、仕組み」ではあると思います。

でも、その部分こそが、とっても重要な要素ですよね。

話は少し変わりますが、私、毎日、長時間座りすぎ(デスクワーク)で、現在、腰痛に悩まされております。マッサージとか整体とかいろいろ試しましたが、ダメですね。もう、椅子やデスク(姿勢)など、根本から変えないといけないなと考えています。

だって、その部分が、

「じわじわと影響を与え続けている要因、環境、基盤」なんですから。ここが結構、本質ですもんね。

ダイエットとかもそうですね。ダイエットサプリなんかより、毎日の食事や運動。

これらは、まあ、個人レベルの話。

公園の話は国、組織、行政レベルの話ですが、同様に大事な部分だと思います。

バラマキ政策のような瞬間芸じゃなく、国として、「じわじわと影響を与え続ける要因や環境、基盤」を真摯に考え、それを作っていかないといけないと本当に思います。

そうそう、

「子どもの声がうるさいからという近隣住民の声で保育園が作れない?」(ある意味、子ども禁止みたいなもの?)

もしかしたら、こういう環境がじわじわと少子化を推し進めていると見ることもできるかもしれません。

禁止禁止で、子どもがボールが投げられなくなるくらいならまだいいですが、子ども自体がいなくなることは本当にまずいことです。

個人レベルでも、国レベルでも、私たちは「じわじわ要因目線」で多くの問題を捉えていかないといけないと本当に思います。じゃないと、気づいた時には大変なことになっているかもしれないと、おおげさに考えてみました。(私たちは動きが大きいものに目がいきがちですから。じわじわの部分が結構、大事だと思います。)

ではでは

park.png
子どもの安全を思う気持ちはわからなくもないですが、「球技禁止公園」を作るなら、それと合わせて「球技OK公園」もあったらいいなと思います。いずれにせよ、子どもの可能性を「禁止表示」でどんどん潰してしまうのはかわいそうです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

実際に体が動く0.2秒前?0.7秒前?には体を動かすことが決められている(脳信号) [science]

【バンジージャンプ時の「いつ飛ぶか」を脳波で検出することに成功】
https://gigazine.net/news/20180212-study-brain-bungee-jump/


 
記事によれば、、、



人間が手や指を動かす時、動かそうと思った瞬間よりも0.5秒ほど前に脳波電気的信号、「運動準備電位」を発している
・その信号を、バンジージャンプを飛び降りる人の脳波を調べることで測定に成功(研究室内では成功していたが、研究室外では初)

、、、以上記事引用参考。

脳が体を動かそうとして、脳が信号を体に送って、実際に体を動かすまでにゼロコンマの時間がかかります。

この記事を読んだ時、最初、私はこのことを言っているのかなと思ったのですが、どうやら違うようです。

図にしてみると、、、

運動準備電位(無意識)ー<0.5秒>→体を動かそうとする瞬間(意識)ー<約0.2秒>→体が実際に動く

、、こういう流れみたいです。(これでわかるかな?)

つまり、体を動かそうと意識してから体が実際に動くまでは0.2秒くらいかかるのですが、無意識(運動準備電位)から数えると、体が実際に動くまでに0.7秒くらいかかっていることになります。ああ、不思議な感じ。

たとえば、今このブログを書いている時点から考えると、意識下では、この瞬間から0.2秒前には脳の中でブログ書くぞ信号(意識)が生まれているわけですが、無意識レベルでは、0.7秒くらい前にはブログ書く信号みたいなもの(準備運動電位)が発せられているわけです。ああ、変な感じがする^^;

ちなみに、意識下での(脳の)反応時間はこちらです。

<外部からの刺激による反応速度>
・光による単純反応:0.19秒
・音に対する単純反応:0.16秒
・触覚に対する単純反応:0.155秒
・認識反応:0.384秒

陸上の短距離走で、スタートの合図より0.1秒以内に反応した選手はフライングにするというルールは、「人間は合図より0.1秒以内に反応することなんて理論的にありえない」という考えからきています。

少し話が脱線しましたが、

上のことを考えると、今この瞬間、何気なく自分が何かを見たり、体を動かしていることすべてについて、いろいろ考えさせられます。

自分の意思や意識はどこからを指すのだろうか
無意識下の脳信号は自分のもの(自分の意思)と呼べるものなのだろうか
今この瞬間に認識している世界は、今なのか。過去なのか

ああ、本当にいろいろと考えさせられますね。

さらに、こんな記事もありました。

【一度決めた行動を変更するのは0.2秒後でも難しい】
https://gigazine.net/news/20180126-neuroscience-changing-your-mind/

一度決めた事柄を修正したり中止するのは、時間が経つほど難しいようです。とっさの判断で言うと、決断した0.1秒であれば、その決断の変更に成功するが、0.2秒後になる成功しづらいようです(最初の命令が既に筋肉に送られているため、変更したり、中止にすることが困難なようです。)

過去、現在、未来、どの時間軸においても、
私たち自身のことは、ゼロコンマの世界でどんどん何かが決まっていっているのかもしれませんね。

ではでは

brain_time.png
バンジージャンプの飛び降りる事前信号(準備運動電位)をキャッチできるのなら、変な話、ゆくゆくは自殺志願者のそれをキャッチして防止することもできそう。でも、すべてのテクノロジーに言えることですが、悪用されたら本当に最悪なことになりそうですね。(事前信号を悪用されたら、人間は意思をもって何もできなくなりそう)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デマの拡散の法則性から情報の取り扱い方を考える [society]

【デマ拡散の法則性「重要さ、曖昧さ、もっともらしさが左右する」】
http://www.jprime.jp/articles/-/11452

【流言(デマ)の基本法則】
https://safetyon.wordpress.com/2017/04/18/%E6%B5%81%E8%A8%80%EF%BC%88%E3%83%87%E3%83%9E%EF%BC%89%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%B3%95%E5%89%87/


 
デマとは少し違いますが、先日、産経新聞が誤報を謝罪してましたね。新聞やテレビ、そしてSNSを筆頭としたインターネットなど、どの情報も100%確実、真実のものなんてありはしません。今の時代の噂の拡散力、デマの拡散力の威力を考えたら、情報の取り扱い方。そして、それを拡散するかどうかはよくよく考えないといけませんね。

R=I×A

R=流言(デマ)の流布量(Rumor)
I=内容の重要性(Important)
A=内容の曖昧さ(Ambiguity)

つまり、

流言(デマ)の流布量=内容の重要性×内容の曖昧さ

上の記事でも紹介されている、「死海文書によれば、イスラエイル建国から70年後の2018年に人類破滅の大戦争が勃発する」という情報は本当に典型的なものです。

上の式を逆算的に考えれば、情報が重要であればあるほど、内容が曖昧であればあるほど、デマの可能性が高いと言うこともできるかもしれません。

そして、私自身、情報を取り扱う際、気をつけている三か条があります。

・鵜呑みにしない
・情報の表裏、本質を見ようと努力する
・自分なりの意見を持つ

例えば、「あのA株式会社の商品の価格が激安だね。頻繁に感謝祭セールをやるなんてなんて景気のいい会社だ」という情報があったとします。

鵜呑みにしないのはもちろん、なんで激安にするのかの理由を自分なりに考えたりします。たとえば、価格を下げるほど余裕があると見ることもできますし、価格を下げざるをえないという不景気の見方だってできるわけです。(情報は大体二面性で見ることができます。表と裏)

あとは、第二、第三の情報をなるべく手に入れて、総合的な判断をしていきます。(なるべく二次情報でなく一次情報が望ましい)

、、なーんて、えらそうに書いていますが、私も完璧じゃないし、気をつけないといけないなと本当に思います。

でも、最近強く思うのですが、

莫大な情報量、スピードの増す情報、AIの進化などなど、多くのことが人間から思考力、自発発想力を奪っているような気がしています。(速くて忙しいからいちいち考えていられない?)

自分で考える、自分の意見を持つ(述べる)

こういう時代だからこそ、是非是非、みなさんにしてもらいたいなと思っています。

ただ情報を拡散(伝達)するだけなら、ロボットでもできますからね。(たった一度の人生を媒介で終わっていいのかな?)



ひとつひとつ思いを持ちましょう、発していきましょう。だって、人間だもの。^^
ひとりひとりが考えれば、デマの拡散もかなり防げると思います。

えらそうに失礼しました。


あ、このブログももちろん鵜呑みはダメですよ。自分で考え、意見を持ってみましょう。



ではでは

rumor_news.png
何の根拠もなく「A+B=C」だと言われて、「A+B=C」だとすべてを信じてしまうのなら、それは洗脳と大差ありません。^^;私自身も、気がつくと無思考で情報を鵜呑みにしていることがあります。(ボーッとテレビ観たり)その状態から脱するひとつのコツとして、何に対してもなるべく「なんで?」と思うようにしています。何に対しても「なんで?」と言っていたら、子どもみたいですね。でも、それが若さの秘訣だったりするかもしれませんよ。^^(頭を使い続ける)実際、良くも悪くも、大人になればなるほど、なんでと考えずに受け入れることが多くなっているかも。なんで思考は体力使いますからね。^^;


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

新薬、効果、耐性、利権、くしゃみ、、大流行のインフルエンザに色々思う [health]

【1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000055-asahi-soci


 
どうも、子どもの時から、風邪でもインフルエンザでも一度も病院に行ったことのない小形です。(明確には、熱出て病院なんか行ったことないからインフルエンザだったかどうかも不明)

インフルエンザが猛威をふるっていますが、みなさま大丈夫でしょうか。私は毎日のように引きこもっているおかげでインフルにはかかっておりません。

【インフルエンザウィルスは咳だけじゃなく、呼吸でも伝染する?】
https://www.gizmodo.jp/2018/01/flu-we-expected.html

つい最近、発表されたように、インフルエンザは呼吸だけでも感染するようです。接触感染だけでなく、空気感染もするということです。おそろしいですね。こわくて外出もできませんねえ。。^^;

とはいっても、多くの人は働くため、多くの用事をすませるため、外出をしますので、インフルエンザにかかる人は自然と増加していきます。また、ある程度、我慢してでも出勤するというバカ真面目な日本人の気質がなおいっそうインフルエンザを流行らせているとも言われています。

インフルエンザにかかったら、すぐに思いつく薬がタミフル。

タミフルの効果と害(副作用)のバランスを考えたら、未だにタミフルが使用され続けるのはおかしいと思う私です。

実際、WHOはインフルエンザの治療ガイドラインからタミフルを削除することを決めたそうですし、欧州ではほとんど使用されていません。そんな中、タミフルの使用シェアは日本が8割以上を占めています。

政治家と製薬会社の利権が絡んでいるという話を聞くと、なおさら、タミフルを支持できない気持ちが強くなってしまいます。

そんな中、そのタミフルに代わる新薬「ゾフラーザ」が5月に発売されるようです。

記事を読む限り、タミフルより多くの効果が期待できそうです。ただ、タミフル同様に、2点のことが心配ですね。

1、政治家がからんで利権になること
2、耐性のあるウィルスがまた登場すること(2009年にタミフル耐性のウィルスが発見されています)

【開発者は日本人ー全てのウィルスに効く「万能ワクチン」が完成間近!】
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3268614

全てのウィルスに効く万能ワクチンも完成間近ということですが、これもタミフルとゾフラーザ同様、上述の2点?いや、ワクチンだから、利権の1点だけが心配かな。製薬会社の圧力でつぶされないかも心配です。

上のような心配事は私たちが直接、関与できないことかもしれませんが、注目し、チェックし続けていくことが大事だと思います。

最後に、、、

【警告:くしゃみを無理に止めると危険】
https://newsphere.jp/national/20180203-2/

我慢してお出かけしちゃう日本人の気質がインフルエンザを流行ささせていると上述しましたが、くしゃみの我慢もよくないようです。かなり危険です。

確かに、時速約241kmのくしゃみを無理やり、体内に押しとどめることは危険ですよね。。(肺や胸郭を損傷するリスク。吐き出すべき異物が変なところへ行くリスク)

マスクはインフルエンザ予防にはあまり意味はないようですが、マスクをしていれば、比較的くしゃみもしやすいと思うので、そういう点で、マスク着用の意義はそれなりにありそうです。

以上、インフルエンザ関連で、雑感を色々書いてみました。

ではでは、元気にこのシーズンを乗り越えて行きましょう!


influenza_virus.png
スマホの普及がインフルエンザ流行に拍車をかけていると私は推測します。帰宅したら、手洗いうがいだけでなく、スマホのアルコール除菌も推奨します。(私はやっていますよ)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

脳波の周波数に音楽を見る [science]

【自分の「脳のタイプ」を知るだけでもメンタルを強くできる】
http://diamond.jp/articles/-/156502


 
脳ネタは好きで、これまでもブログで何回も取り扱っていますが、今回は少し違う視点でこの記事が気になりました。

その少し違う視点というのは、音楽家の視点です。音楽家視点のスイッチが入った原因は記事の中で以下の情報を目にしたからです。

デルタ波(1〜3Hz)‥睡眠状態
シータ波(4〜7Hz)‥ウトウト状態、注意散漫状態
ローアルファ波(8〜10Hz)‥リラックス状態
アルファ波(8〜12Hz)‥おおよそリラックス状態
ハイアルファ波(10〜12Hz)‥リラックスにやや集中が伴った状態
SMR波(感覚運動リズム)(12〜15Hz)‥ゾーン状態
ローベータ波(15〜18Hz)‥集中状態
ベータ波(13〜36Hz)‥おおよそ集中状態
ハイベータ波(23〜36Hz)‥緊張状態

アルファ波とかベータ波とか、脳波の言葉はよく耳にしていましたが、こういうふうに周波数で説明されたものを見たのは私、初めてです。

音楽も周波数ですから、すぐに音楽とリンクしちゃいました。

ちなみに、市販されているCDの周波数帯域はおよそ20Hz〜20000Hzです。個人差はありますが、人間の可聴周波数帯域もほぼ同じです。だから、私たち音楽家が音楽を作る時は大体、20Hz以下の音はカットしてしまいます。

そのカットしていた20Hz以下の周波数帯域に、上述のように脳波の周波数が分布されていたのかと思い知らされたのです。

もちろん、脳波の周波数と音楽の周波数をまったく同じ扱いにはできないかもしれませんが、ある程度のリンク性はあると勝手に思っております。

周波数とは波形であり、振動ですから、共鳴や相互引き込み現象を引き起こす可能性もあると思います。

【相互引き込み現象、世界平和は織り込み済み??】
http://gata.blog.so-net.ne.jp/2013-04-27

平壌五輪ももうすぐですね。アスリートたちが本番前に音楽を聴く姿はよく目にします。アスリートたちが聴いている音楽は20Hz以下が存在しません。なので脳波に直接影響を与えることはないでしょう。でも、音楽を聴いて集中を高めている姿を見ると、20Hz〜20000Hzの周波数にもなにかしらの影響や意味があるのではないかと推測してしまいます。(いつか解明されていくのかな?)

さらに、いつかは、音楽ではなく、20Hz以下の脳波の音を本番前に聴く(浴びる)ことでパフォーマンス力を上げるアスリートも出てくるかもしれません。(それなら、ドーピングにもひっかからないしね)

20Hz以下の音=超低周波音(脳波)
20〜20000Hzの音=人間の可聴域(音楽)
20000Hz以上の音=超音波(モノを浮かしたり、いろいろ)

以上、
上の脳波の周波数情報から、音楽家として色々妄想し、音の可能性、音楽の可能性をさらに感じたのでした。

ではでは

【CDリリースのお知らせ】


すてきな15才(初回生産限定盤)

すてきな15才(初回生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2018/01/31
  • メディア: CD






YUKIソロ15周年記念として、10周年から15周年までにリリースしたシングルコレクション「すてきな15才」が、昨日発売しました。私が作曲した「STARMANN」も収録されています。どうぞよろしくお願いします。

EQ_waves.png
参考までに、いつも私が音楽作業時に眺めている周波数の画面です。よく見てもらえればわかりますが、20〜20000Hz中心の周波数の表示になっております。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
スマートフォン専用ページを表示