So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

赤ちゃんの泣き声を翻訳するアプリが誕生。作曲家の雑感 [philosophy]

【「赤ちゃんの泣き声」を翻訳するアプリが、自閉症の早期発見を加速する】
https://wired.jp/2018/05/30/ai-powered-baby-translator/


 
赤ちゃんの泣き声をアルゴリズムによって解析し、人工知能(AI)によって「泣いている理由」を教えてくれる無料アプリ「Chatterbaby」が公開
・泣き声についての膨大なデータを収集することで、ゆくゆくは自閉症のシグナルを見つけ出せるようにする

以上、記事引用参考。

昔、バウリンガルという犬の気持ちがわかる玩具があったことを思い出しました。でも、私思うんですよねえ、、バウリンガルの開発において、犬の泣き声と犬の気持ちの答え合わせって、どうやったのだろう、と。

今回も、赤ちゃんの泣き声とその気持ちの答え合わせってどうやったのだろう?と少し疑問に感じます。(まさか、赤ちゃんに気持ちの正解は聞けませんからね^^;)

まあ、とりあえず、その辺の疑問はおいておいて、このアプリによって、赤ちゃんの泣き声から赤ちゃんの気持ちがわかると想定しましょう。そして、その機能の精密さが100%になった世界を想像した時、ちょっとこわいなと私は思ったのでした。

赤ちゃん泣く→アプリによって親はその気持ちを汲んで対応→赤ちゃんすぐに満足

この流れって、良いことのようで、良くないような気がするのです。

なぜなら、

相手がすぐに自分の気持ちを汲んでくれたら、どうやったら自分の気持ちをうまく伝えられるだろうかという試行錯誤や努力をしなくなる。つまり、成長しない。^^;

そうなるのではないかと考えるからです。

うまくいかないから、うまくいくように工夫する、努力する
満足しないから、満足するように工夫する、努力する

これまでの人類はそうだったと思うのですが、上のようなアプリやテクノロジーによって、最初からうまくいったり、満足してしまったら、人間から工夫や努力しようとする気持ちを奪ってしまうのではないかと心配になります。

さらに、拡大解釈して不安になるのは、

伝えたいのに伝えられない気持ち、そういうものを表現しようとするのが芸術だと私は思っています。

上述のようなアプリ、AI翻訳、脳と脳をプラグでつなぐ、といったようなテクノロジーによって、人間から気持ちを伝えようとする意欲が奪われていったら、芸術の未来が危ういなとも思ったのでした。

少々大げさに言えば、
移動手段の発展(便利)によって、人間は徒歩移動の頻度が下がり、脚力を奪われました。
計算機の登場によって、人間は暗算をしなくなり、計算力を奪われました。

テクノロジーの発展やその便利は人間からその能力を奪います。(低下させる)

その流れに逆らうことはできませんし、それはそれで良いと思うのですが、ただ、その中において、「コミュニケーション」(伝えること)や「芸術」という部分に関しては、人間の存在意義のためにも、死守したいところ、譲れないところだと、大げさに思うのでした。(特に作曲家の私はね^^;)

以上、赤ちゃんの気持ちがわかるテクノロジーの話から拡大解釈、拡大不安視してみました。^^;



ではでは


baby_cry.png
単純に、赤ちゃんの頃から不満もなく気持ちがすらすら伝わってしまったら、ろくな人間にならなそう。。言語能力も発達しなさそう。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高い場所にいる人ほど、リスクが高い決断をする【研究結果】 [philosophy]

【高い場所にいる人ほど、リスクが高い決断をする:研究結果】
https://wired.jp/2018/05/23/height-and-power/


 
高層階にいる人ほど、よりリスクの高い決断をする傾向がある
上層階にいる人ほど、意識の中で権力を持っている感覚が強くなる傾向がある

、、みたいです。

この研究の面白いところは、高い場所に住んでいなくても、高い場所にいたり、行ったりするだけでこういう傾向が現れるというところです。

この記事を読んで、私は前にこんなブログ記事を書いたのを思い出しました。

【高いところにいると意識も俯瞰状態になる?】
http://gata.blog.so-net.ne.jp/2014-07-12

・高いところにいる場合、もしくは高いところにいると想像させると、その人間は大局的なアプローチをとる傾向がある

・高い場所にいる人は「なぜ?」という理由ベースに意思決定をする
・低い場所にいる人は「どのように?」という手段ベースで意思決定をする

・高い場所にいる人は長期的メリットが判断基準となる?
(多機能、高機能商品をよく購入?)

・低い場所にいる人は短期的メリットが判断基準となる?
(実用性の高い価格安商品をよく購入?)


、、以上が前にブログで書いたことですが、なんとなくリンクするような気もします。

簡単に言ってしまえば、高いところにいると人間は気持ちが大きくなる傾向があるのかもしれません。

ここまで書いておいてなんですが、上の記事の中で私が一番注目した部分は別のところ、以下の文章です。^^

「高さが意識と行動に影響する可能性があることが参加者たちに知らされると、こうした傾向は現れなかった。高さの潜在的な影響を人が認識すると、この奇妙な現象は起きないようです。」

当たり前と言えば、当たり前ですが、事前にこういう傾向があるよと言われると、その人間はその傾向に陥らないわけです。

改めて、
意識的に生きるか、無意識で生きるかって、とても重要なことだなと少し大げさに考えた私です。^^

あ、そうそう、

「バカと煙は高いところが好き」という言葉がありますが、

バカな人とバカをやれる人は全くの別物。
バカになってしまう人とバカになれる人は別次元。

やはり、ここでも、無意識なのか、意識的なのか、というのはとても大事なのかもしれないと思ったのでした。^^

ではでは

Skyscrapers.png
上の情報を意識できている読者のみなさんは、今後、高いところで気持ちが大きくなって、変な決断をするようなことはないでしょう。^^


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビタミンB6を摂取すれば夢を思い出しやすくなる? [science]

【夢を思い出すにはビタミンB6が有効だった:研究結果】
https://wired.jp/2018/05/21/vitamin-b6-and-dream/


 


ビタミンB6(サプリメント)を摂取すると、夢を思い出しやすくなる
・ビタミンB6は全粒穀物、豆類、バナナやアボカドなど果物、芋類やほうれん草などの野菜、乳製品、卵、魚や赤身の肉など、様々な食品にふ含まれているが、これらを摂取することで、今回の研究と同じような効果が期待できるかどうかは未だわからない

、、以上、記事引用参考。

記事の中の、「平均的に人は生涯で約6年もの時間を夢に費やしている」という部分を読んで、その6年分がわかったら(夢を思い出せたら)、おもしろいよなあとも思いました。

そもそも、人間は人生の3分の1近くを睡眠に費やしています。宇宙のことや深海のことも、まだまだわからないことだらけですが、実は「睡眠という自分の3分の1のこと」さえもよくわかっていません。(なぜ人は眠るか明確にわかっていません)

睡眠時間の中で夢を見ている時間はほんの一部分ですが、一生で考えれば6年分。ビタミンB6摂取によって、夢のことが色々わかってくれば、睡眠の謎の解明への一歩にもなるかもしれません。

少しオカルトになりますが、昔、誰かに「寝ている状態はある意味、死んでいる状態と同じ」と聞いたことがあります。確かに、睡眠は完全に自分の意識はなくなっている状態なので、そうとも言えるかもしれないなと思いました。

そんなオカルト的な話を否定も肯定もできないくらい、解明できていないのが睡眠です。

まずは無意識と有意識に存在する?夢の部分から解明していくのがいいかのかもしれません。(本能?心理?メッセージ?何かがわかるかも?)

とにもかくにも、明晰夢を見たい、夢を思い出したい、という方は試しにビタミンB6を摂取してみてもいいかもしれませんね。

ではでは

dog_sleep.png
眠るのは人間だけではありません。最近では、ショウジョウバエや線虫にも睡眠行動があることがわかったようです。生命にとって、睡眠はかなり根源的なものなようです。↓
【私たちはなぜ眠る?動物共通の根源的な問いに迫る】http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53004


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体の柔軟性を上げるためには目を動かせ! [sports]

【目を動かすだけでOK!宮里藍もやっていた驚きのストレッチをゴルフ誌で初公開】
http://www.pargolf.co.jp/etc/118652


 


目玉を360度回したり、前後左右上下や斜めに動かすだけで関節の可動域が広がる
・例えば、目の前に断崖絶壁があった場合、踏み外せば死ぬという視覚情報によって、脳が判断し、前に歩み出さないように体を制御する
・左右で目の動きが違う人が多いが、そういう人は、脳が情報の信頼度に不安を抱き、体の動きに制御をかける
・つまり、目の筋肉の動きが高まって、本来ある機能の働きを脳が感じることによって安全度を高めれば、「安全だからもっと体を動かしても大丈夫ですよ」と脳が判断し、体の可動域を広げさせる指令を出してくれる

、、以上記事引用参考。

ストレッチを一生懸命やっても、なかなか体が柔らかくならなかった私にとって、これは朗報ですね。^^

体の可動域(柔軟性)を広げるためには、ストレッチという体の物理的アプローチよりも、視覚情報や脳という神経的アプローチの方が実は重要なのかもしれません。

考えてみれば、何かにびっくりして体が硬直するケースも、それは自分の意思ではなく、脳の反応によって体が自然とそうなってしまっているわけですから、脳(視覚情報)が体に与えている影響は本当に大きいと思います。

さらには、視界が悪くなっている人の多くは体の動きが小さくなっている印象も受けますからね。(視界が狭いと体動かすのこわいですもんね)

今まで、デスクワークで目がかすんだ時くらいしか、目のストレッチ的なものはしていませんでしたが、今後は、体の可動域を広げるためにも、積極的に行っていきたいですね。(視力回復にもつながりそう)

視界が広がると体に柔軟性がでる

ん?これは体以外にも言えそうだ。

視野が広がると考え方に柔軟性がでる

、、とも言えるかもしれませんね。

いずれにせよ、見える世界が広がることは良いことが多そうです。

ではでは

stretch.png
可動域が広がるという意味では、運動前の目のストレッチも有効かもしれません。人目につかないところで目をギョロギョロさせた方がいいかもしれませんが^^


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

毎日22分以上が理想?運動は心も体も満たしてくれる [sports]

【運動をすれば幸福度が上がる、ピークは毎日22分以上の運動量:研究結果】
https://www.lifehacker.jp/2018/05/16706922minutes-mylohas.html


 


昨日、音楽仲間と読売ランドで一日中はしゃぎまくった私です。気がつけば、歩数は18000歩を超えてました。^^普段、ひきこもっている私にとっては何日分も歩いたことになります^^;

今日はそれに関連した記事をご紹介。

上の記事によれば、、

・週に10分や、たった一度の運動で、幸福度を上げることができる
・週に150分運動しても、300分以上運動しても、幸福度は同じ
・つまり、週150分の運動が幸福度のピークで、それ以上の時間を運動しても幸福度は上がらない
幸福感のために、週150分以上の運動が良いとするならば、毎日なら、一日平均22分以上の運動がおすすめ

、、、以上、記事引用参考。

昨日は、午前中からアトラクション乗りまくって、夜は土砂降りの中、園内でリアル脱出ゲームで歩き回ったりと、ハードに10時間くらい運動したので、しばらく運動しなくても、幸福感的には大丈夫そうですね?笑(事実、体はへとへとですが、心の充電できました)

そうそう、昨日のランチ休憩中に仲間たちとスマホアプリの歩数を見せ合いして盛り上がったのもひとつの思い出。(歩数アプリで盛り上がるのは同年代ならでは?^^;)

どの時間をどのくらい歩いたのか、ルートも含め、すべてがデータ化されているので、自分の行動スタイルがデータに顕著に現れます。

例えば、一回の行動で長時間動く人、少しの行動を多数行う人。

昨日のランチタイムでもそんな話がちょいと出ました。

体への影響はどうなのだろうってこと、以下の記事をどうぞ。

【どちらが体にいいの?ウォーキング「2分15回」と「10分3回」】
https://www.mylohas.net/2018/05/167243nyt_walking.html

2分15回と10分3回のウォーキングの健康効果は一緒
1日に行う適度な運動が20分に満たない男女は早死にのリスクが最も高かった
・1日の中で合計1時間程度の運動をしていた人たちは死亡リスクが半分

記事によれば、一回の長い運動も、多数の短い運動も健康効果に差はないようです。

だから、短い時間でもどんどん体を動かそうぜ!ってことになります。^^(早歩きも立派な中程度の運動ですから)

さらに、私が注目したは、

「一日に行う適度な運動が20分に満たない男女は早死にのリスクが最も高かった」

そして、上の記事では、

「幸福感のためには、一日平均22分以上の運動がおすすめ」

つまり、

「体のためにも、心のためにも、毎日22分以上は運動した方がいい」

、、ということになりますよね。^^

このように複合した情報って結構、意義があると思っています。

ということで、

毎日22分以上、体を動かしていきましょう!

昨日10時間以上動いた私はしばらく動きませんが!(体も心も貯金したつもり。笑)

ではでは

walking_woman.png
運動を続けられる人と続けられない人の差は、運動による効用を実感した人とそうじゃない人の差だと思います。実感をするためには継続することが大事。まずは短い時間から。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

幸福度が高い人=集中力と観察力が高い人? [life]

【幸福度が高いとターゲットを速く発見できる。スマホアプリによる実験で判明】
https://news.mynavi.jp/article/20180507-623379/


 
研究によれば、(アプリによる視覚テスト)

「幸福度が高い人は、ターゲットを探し出すスピードが速い」ということです。

たくさんの似たような記号の中から、違う記号を見つけ出すという視覚テストです。

おそらく、このテストに必要な力は、集中力観察力だと思います。

つまりは、

幸福度が高い人は、集中力や観察力が高い?
幸福度が低い人は、集中力や観察力が低い?

逆に、、

集中力や観察力が高い人は、幸福度が高い?
集中力や観察力が低い人は、幸福度が低い?

、、と言うこともできるのかもしれません。

確かに、、
日常生活の色々なところに幸せの種は落ちています。それに気づけるか、見つけ出せるかは、その人の集中力や観察力にかかっていると言うこともできるかもしれませんからね。^^(まあ、普段の心がけか)

「AならばB」は「BならばA」と言うことができるケースは多いと思います。
A⇄Bのように、相互関係であることが多いです。

その思考回路で、上の研究も大げさに広げて考えてみました。

最近、集中力に欠ける、物事の変化に気づきにくい(観察力の低下)、などを感じる場合、自分自身の幸福度との関連を考えてみていいかもしれません。^^

以上、おもしろ拡大解釈でした。

ではでは

happiness.png
どんなに楽しい出来事や素敵な景色が目の前にあっても、それに集中できなかったり、それに気づけなければ、幸せはただの幻になってしまいますよね。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【スリーパー効果】情報は時間の経過とともに、主語(発信源)が抜け落ちて、内容だけが残っていく [society]

【スリーパー効果の脅威〜これは誰が発した情報だったか?〜】
http://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=58581?site=nli


 
・第二次世界大戦中、アメリカでは兵士の士気を高めようと戦争のプロパガンダ映画を上映
・上映当時は、あからさまなプロパガンダ映画を疑問視する兵士が多かったが、上映から9週間後、映画を見せられた兵士たちの戦争支持率が高まり、任務遂行に励むようになった
「スリーパー効果」=メッセージの発信源は忘れても、メッセージの内容だけは忘れずに心に残る効果
・選挙前の政党同士の罵り合い(ネガティブキャンペーン)もこの効果によって、大衆は誰が言ったかは忘れ、内容だけ心の中に残る
・近年のインターネット、SNS社会において、スリーパー効果の悪影響が心配(誤った情報が一気に拡散されるおそれ)

、、、以上、記事引用参考。

スリーパー効果という言葉は知りませんでしたが、上記のような心配は前からしてはいました。

「誰が言ったか忘れたけど、、、」「どこで見た情報か忘れたけど、、」

こんな前置きから話を進めることが結構あるよなと改めて反省。。私も本当に気をつけないといけません。

情報は、内容ももちろんですが、主語(発信者、発信源)が大事

これは私のブログでも何回も言ってきたことです。

例えば、

チョコレートは体に良いという研究結果(情報)も、
チョコレート会社がスポンサーについている研究者(発信者)が「チョコレートは体に良いという研究結果」(内容)を発表した、と言われれば、情報の意味がまったく変わってきます。

ちなみに、近頃発表された「パスタは太らない」という研究結果も、うしろにはパスタ会社がしっかりスポンサーについていました。^^;

・<主語><動詞+目的語>
・<発信者(発信源)><言葉、内容、情報>

スリーパー効果の視点で考えると、時間の経過とともに、主語や発信者は人々の心から抜け落ちていきます。(そして情報や内容だけが心に残る)

ただ、抜け落ちたら、すべてが悪いというわけでもありません。一例としては、格言のように、誰が言ったかわからないけど、心に残る情報もたくさんあります。それらは長い年月の中で、支持され続け、残ってきた言葉たちです。淘汰の中、残ってきたもの。

しかし、今の時代は、長い年月をかけて言葉や情報を淘汰するような時代ではありません。瞬間瞬間、膨大なやりとりがされます。

なので、
長い年月で考えるなら、スリーパー効果によって主語や発信者が抜け落ちるのは特に問題ないのですが、

時間をかけた議論や淘汰が特にされないまま瞬発的に、主語や発信者が抜け落ちた状態で情報がどんどんやりとりされるのが問題なのだと思います。

繰り返しになりますが、

・情報は、内容ももちろんですが、主語(発信者、発信源)が大事(主語によって情報の意味が変わる)
しかし一方で、
・スリーパー効果によって、情報は時間がたつと、主語が抜け落ちて、内容だけが心に残るようになる

瞬間瞬間、膨大な情報量のやりとりをする時代において難しいことだと思いますが、
私たちはこれらのことを意識(注意)をしながら、情報と向き合って行きたいですね。

もちろん、このブログも、作曲家の小形誠(主語)が発信している情報(内容)であることをお忘れなく。(どんな人間がどういう情報を発しているかの意識)

スリーパー効果で、時間とともに小形誠という主語が抜けおちて、内容だけ拡散される可能性は十分ありますけどね。(ちょっと寂しい^^)

ではでは


coversation.png
上述はSNSやマスメディアのあたりを意識した内容ですが、スリーパー効果は個人レベルでも注意した方がいいかもしれませんよ。例えば、複数人数での愚痴や悪口大会。たとえその場で自分が悪口を発していなかったとしても、後々、「あなたもあの時、あんなひどい悪口を言っていた」と巻き添えをくらう可能性もありますから^^;スリーパー効果、こわいこわい^^;このように、主語がどんどん抜け落ちていくってよくあることだと思います。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

相手の内省を促すためには、「なぜ?」よりも「なに?」という問いが有効 [philosophy]

【効果的な内省を促すために、気にしておきたい1つのこと〜慎重に使うべき「なぜ」という問い〜】
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52971


 
世間はとある不祥事や謝罪で騒がしいですが、、、
そんなせいか、上の記事にたどり着きました。

記事によれば、、

「なぜあの行動をとったの?」「なぜそう考えるの?」というような「なぜ?」という質問は内省を促す上で、非常に非効率的である(ハーバード大学研究)
「なぜ」より「なに」の問いの方が断然、深い内省に到達することがわかった
・「なぜ」の問いは、自分の強みや弱みに対する理性的な評価ではなく、自分の恐れ、欠点、不安感に支配された釈明に終始しがちになる
・「なぜ」の問いは、創造的思考を司る大脳新皮質の機能を止め、自由に発想する前に、身を守る方向へ働く(自己防衛反応)
・「なぜ」を課題やものに問い続けた結果、解決や品質が手に入り、「なぜ」を人や組織に問い続けたら、たくさんの言い訳が手に入った→「なぜ」という問い自体が問題ではなく、感情を宿す対象には注意して使った方がいい

以上、記事引用参考。

興味深い情報が多かったので、引用が長くなってしまいましたが、

簡単に言うと、(なんでも簡単にしたがる小形です^^;)

「なぜ」という問いは相手を否定するニュアンスが強くて、相手を怯えさせ、自己防衛反応が強くなってしまい、本質的な内省にたどり着きにくくさせる

、、という感じかな?(まだ長いけど^^;)

また引用になってしまいますが、

なぜ、そう決断したの?
→決断の判断基準はなに?

なぜ、君はそう考えたの?
→なにがきっかけで、そう考えるようになったの?

このように、「なぜ」よりも「なに」の問いの方が深い内省に到達しやすいようです。

でも、なんで、「なぜ」よりも「なに」の方がいいのだろう。

私の勝手な推論ですが、

「なぜ」は対象が漠然で全部を指している感じになり、
全否定されている感じを受ける?

「なに」は対象が具体的で一部を指しているので、
否定されている感じが限定的?

つまり、「なに」は否定感が弱く、答えも絞られているから、返答もしやすいし、怯えずに答えを出しやすい(内省しやすい)

、、ということなのかもしれません。

「なぜ」は漠然で全体的。「なに」は具体的、限定的。
感情を持つ相手に対しては、「なに」で問うた方が効率的に内省を促すことができるのかもしれません。
(そりゃあ、漠然に問われても、問われる方は困っちゃうもんね)

何か問題が起きた時、私はすぐに、「なぜ?」「なんで?」と相手に聞いちゃっていたかもしれません。^^;(反省)

「なぜ」から「なに」への変換はなかなか難しそうですが、気をつけていきたいですね。

ではでは

meeting.png
「なぜそうなったのか?」というような自問自答をよくするのですが、今後は「なにがそうさせた?」という方法も試してみたいと思います。ただ、「なぜ」が全部悪いというわけでなく、漠然(全体)の中から答えを見つけるか、限定して見つけていくか、という性質の違いを見極めながら、「なぜ」「なに」の使い分けをしていきたいですね。とりあえず、他者には「なに」が有効なようです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
スマートフォン専用ページを表示