So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

時間のない中で判断する時、利己的な人はより利己的に、利他的な人はより利他的に行動する(研究結果) [free]

【「良い人」は時間が無いと「もっと良い人」になるという研究結果】
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3919850


 
急いで物事を決めなければならない時、利己的な人はより利己的に、利他的な人はより利他的に行動すると判明
・逆に十分に考える時間があると、複数の選択肢の中から自分が取るべき行動をじっくり吟味できるため、人は元来その人が持っている本性(元来の性質)に反する行動をとる

、、、以上記事引用参考。

この研究結果、なんか、わかるような気がします。

なぜなら、私はこう思うからです。

とっさに出る言動はその人の本質(本性)を表わす

判断するまでの時間があると、必ず計算や分析が入るのが人間というもの。別にそれが悪いわけではありませんが、元来の性質や性格を知る上では、その計算や分析が入る余地のない「瞬間的判断時の行動」が重要になってくると思います。

最初、「時間が無いと、良い人はもっと良い人になる」という、この記事のタイトルを目にした時、「忙しくて疲れている時、自分は他人に優しくできない時があるなあ」と、私は少し反省をしかけたのですが、「時間が無い」の意味が違いましたね。^^

時間が無い=忙しい、という意味ではなく、時間の無い中の判断、短い時間での判断を迫られた時、その人の本性が出るということです。(しかもその本性が強調される)

変な話、それなりの頭があり、計算や分析、考える時間があれば、それなりに良い人を演じることは可能ですからね。(記事の中では、時間があると、本性に反する行動をとると書いてますが、本性に反する行動をとることもできる、と言った方が正しい気がします。)

上記のことを考えれば、

何かに対して、
パッと出る態度や言葉、行動
とっさに出る〃
瞬発的に出る〃
この辺に人間の本性が宿るのかもしれません。
(特に利己的か利他的かがより強調される)


これらの要素をしっかり見逃さなければ、その人の本性がわかってくるかもしれません。

気をつけてその辺を見ていきましょう。
そして、見られる方もその辺を気をつけていきましょう^^;
(とっさの判断の域はコントロールできなそうですがね^^;)

改めて、
人間はとっさの判断時、利己的な人はより利己的に、利他的な人はより利他的に行動をする。

おもしろいですね。

ではでは

city_human.png
例えば、自分の少し前を歩いている人が何かを落とした時、とっさに拾いに行けるか、とかね。あと、自動車の運転でその人の本性がわかるという話も、上記とリンクしているような気がします。自動車の運転は瞬時の判断の連続ですから。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「勝ちが勝ちを生む」「成功が成功を生む」。この世は流れや波でできている。 [philosophy]

【創造力における「成功の連鎖」は、科学で解明できる:研究結果】
https://wired.jp/2018/09/20/creative-hot-streaks/

・芸術や映画制作、科学者などの世界には、なぜか続けざまに成功する「創造的な成功の連鎖」という現象がある
創造的な成功の連鎖に貢献する要素のひとつに、自尊心がある可能性が高いという研究結果
実り多き期間は4〜5年続く傾向
・アーティストや映画監督、科学者の9割以上が、人生のうち少なくとも1回の成功の連鎖を経験している
成功の連鎖が生まれるのは、「勝ちが勝ちを生む」から
「勝ちが勝ちを生む」「成功が成功を生む」理由は、①成功の増加が大衆に認知されるから(事前評価の上昇)、②うまくいくことによって自信が高まるから、③成功した人と一緒に仕事をしたいと思う人が増える「コラボレーション効果」

、、、以上、記事引用参考。

記事の最後にも書いてあるように、

豊かな人はさらに豊かに、貧しい人はさらに貧しくなる、 というような「マタイ効果」はこれらに限った話ではないと思います。

もっと漠然に言えば、

良いことが良いことを生んでいく(プラスのことがプラスを生んでいく)
悪いことが悪いことを生んでいく(マイナスのことがマイナスを生んでいく)

、、とも言えるのかもしれません。

まあ、当たり前ですよね。

なぜなら、物事や事象というのは単発ではなく、連続性であり、関連性(流れ)で起きるものですから

上述の内容は、心理学、行動心理学的の面でその仕組みを説明していますが、「引き寄せの法則」的な、ちょっとしたスピリチュアル的な観点でもそれらの説明はできるかもしれません。

「試合の流れがきている」「いい流れだ」「今日はついてる(ついてない)」「波にのっている」「今日は何をやってもダメだ」などなど、こういう経験からも、すべてのことは単発ではなく、連続性であり、関連性のものであることがわかります。

こういうことを考えると、
もしかしたら、この世のすべての出来事は「波」や「流れ」でできているのかもしれないと、また大げさに、意味深に考える小形です。笑

また、慣性の法則なのかな、とも思います。(それは物理現象にとどまらない)

だから、今の自分がどの波や流れに乗っているのかを感じることはとても大事だと思います。 

いい流れに乗っているなら、そのまま乗り続ければいいし、悪い流れなら、切り替えないといけませんよね。

えらそうに、小形的なコツを少し申し上げるならば、

いい流れにのるには、本当に小さなことでもいいので、いいと思うことをコツコツと継続することです。いずれ小さな波が大波になると私は信じています。(小さな良いが、その他の良いをどんどん生んでいくイメージ)

悪い流れを断ち切って、切り替えるには、「感謝」の気持ちが必要だと思っています。これはいい流れをつかむ時にも大切なことなのですが、「この悪い出来事もきっと、未来の自分は笑って話しているのだろう」というイメージをするのです。「あれがあったから逆によかった」みたいに、未来の自分がこの現在の悪い出来事に感謝しているイメージです。^^

まあ、これはあくまで私の勝手な自論です。

いずれにせよ、勝ちが勝ちを生む、成功が成功を生む、という流れが存在することは確かだと思いますので、流れを意識しながら、生活していくことはとても大切だと思います。(どの波や流れに乗るかはとても大事)

ではでは

【小形出演のお知らせ】
先日、間違えてインフォメーションしてしまった、ラジオ番組ゲスト出演の件です。
この前、収録されたものが27日の21時から流れるようです。
よかったら聞いてみてください。

浦和REDS WAVEの聞く方法
http://redswave.com/saimaru/


trophy.png
自分のやること、なすことすべてが、単発ではなく、波のような連続性の中にあると考えれば、ちょっとした行動も慎重になりますね^^これらの考えは、最終的には、究極的には因果応報という考えにもつながるのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

前澤氏の2023年の月周回旅行。そして小形の雑感 [dream]

【ZOZO前澤氏がアポロ以来の月旅行を「買い占めた」真意〜〜イーロン・マスクと肩車】
https://www.businessinsider.jp/post-175472

宇宙好きの小形としては、やはりこのニュースは外せません。

・前澤氏は「dearMoonプロジェクト」を発表
・2023年、自分だけでなく、フォトグラファーやデザイナーなどのアーティスト6〜8人を月周回旅行に招待

、、、以上、記事引用参考。

私、正直、前澤氏のことをそこまで好意的には見ていませんでした。(単純に自分が彼のことを本当の意味で理解ができていなかっただけだと思う)しかし、今回の件で、とても尊敬しましたし、好きになりました。

だって、莫大な費用はもちろん、命がかかっていることを考えると、いくら宇宙が好きだからと言って、これはなかなかできる決断ではないと思いますから。

夢を持ち、そして覚悟を持ち、そして実行する人を私はとても尊敬しますし、好きになります。私自身もそうなりたいと思っています。

今回の件はその究極のケースですよね。

ちなみに、

日本の宇宙ロケットの打ち上げ成功率は97%くらい。2017年段階でのスペースX社のロケット打ち上げ(着陸までの)成功率は95%。
でも、これはあくまで衛星ロケットなどの無人ロケットの確率。有人ロケットでなおかつ、月周回とあると、どこまでの成功率になるのかは不明です。

そういうリスクもある中での夢を持った決断は本当にすごいなと思います。

「アートは世界を平和にする力がある」というのが前澤氏の考え。
一緒に月を周回したアーティストたちに、月周回によって感じたものを作品にして欲しいようです。

まだどんなアーティストが一緒に行くかは決まっていないようですが、ご指名されたアーティストもそれなりの覚悟が必要ですよね。。
もしも自分が指名されたら行くのか?行けるのか?と、ありえない妄想で勝手に思い悩む私です。^^;

月を眺めながらいろんなことを思う、考える
月を眺めながら音楽を作る

そんなことは私もよくやっていることです。やってきていることです。

でも、

丸い地球を眺めながらいろんなことを思う、考える
丸い地球を眺めながら音楽を作る

そんなことができたら、どんなに素敵なことでしょう。

夢を持ち、覚悟を持ち、そして実行する

今回のニュースはとても刺激になりました。
彼とはレベルは全然違いますが、自分も同じように頑張ろうと思いました。

ではでは

moon_earth.png
私はとりあえず、地球上でアートをがんばります。でも、死ぬまでにいつか行きたいなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フェイク動画を作るAI vs フェイク動画を暴くAI [cyber]

【AIで進化する「フェイク動画」と、それに対抗するAIの闘いが始まった(動画あり)】
https://wired.jp/2018/09/14/deepfake-fake-videos-ai/

・オバマ前大統領がトランプ大統領を罵る動画が話題になったが、それもフェイク動画
・AIが作成するフェイク動画、そしてそのフェイク動画を見破るAI。AIとAIの闘いが既に始まっている
・AIは、人間が自然に発する生理学的信号すべてを完璧に再現はできない。そこで、「まばたき」に注目し、まばたきについてのアルゴリズムを学習したAIがどんどんフェイク動画を暴いていく(人間は通常、2〜3秒に1回まばたきするが、フェイク動画の人物は滅多にまばたきしない)

、、、以上記事引用参考。




この動画、フェイク動画なんですよ。。すごいですよねえ。。少し昔でしたら、こういうCGや合成ってかなり大変な労力と時間が必要でした。しかし、今は比較的簡単に作れるようになってきています。(口と声をシンクロさせて合成する技術は今では簡単なのでしょう)

【人工知能による人工合成音声もかなりリアルに!?どんどん情報の真偽の判断が難しくなる時代へ。】
https://gata.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14

昔、書いたブログでも言っていますが、本当に情報の真偽の判断が難しくなってきていると思います。
写真も動画も音声も今の技術があれば、やろうと思えば、すべてでっち上げることも可能でしょう。

【AI(ロボット)同士の争いや会話が日常に。人間は既に蚊帳の外?】
https://gata.blog.so-net.ne.jp/2017-03-09

こんなブログを書いたことも思い出しました。

ウィキペディアが自動編集ロボットによって、24時間ずっと編集が繰り返されているという話です。(年に数千回単位)

そのブログでも書いていますが、人間は知識の集合体です。
その大事な知識の部分にAIがどんどん侵入してきているのが、私はとても気になります。
(AIがフェイク動画作ったり、ネット上の情報をどんどん編集したり)

こういうことを考えていると、自分に飛び込んでくる情報すべてに疑心暗鬼になってしまいますよね。^^;

ただ、すべてを疑ってかかるのもどうかと思います。やはり、基本は「徐々に信じていく」というスタンスが一番なのかなと勝手に思っている私です。

信じるか信じないかの白黒ではなく、グラデーション。それは対象となる人やモノに対して、信じるを積み重ねていくグラデーション(時系列グラデーション)そして、もうひとつは、アナログ的に自分に近い人間の信じる濃度は高め、遠くなればなるほどその濃度は薄くなっていくというグラーデションという考え方。(アナログ距離的グラデーション)

実は昨日、私、誕生日でまたひとつ歳をとりました。

小形誠という名前は、「大きなことでなくてもいい。小さなことでもいいから誠を尽くし、積み重ねる」と、自分の中で勝手に意味をつけています。

上記のように、世の中は本当に何を信じればいいのかわからないような状態ですが、改めて、自分の近くの人間、大切な人をまずは大事に、そして、グラデーション感覚で世間と丁寧に向き合っていきたいなと思いました。

ではでは

P.S.たくさんのお祝いのメッセージなどありがとうございました。

fake_face.png
多くの技術やツールが発達して便利になりますが、それと同時にリスクが発生するのはいつものこと。メリットとデメリットはいつも同時。やはり一番大事なのは、それらを使用する人間、人間の心ですよね。(例えば包丁だって使い方次第)AIがコントロール不可になる前に人間の心がどこまで進化できるかがひとつのキーポイントだと私は思っています。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホワイトノイズは脳に悪影響?ホワイトノイズの是非 [music]

【「耳鳴り軽減」や「集中力アップ」に効果があるといわれるホワイトノイズは聞き続けると脳に悪影響が出る可能性あり】
https://gigazine.net/news/20180907-white-noise-change-brain/

・ホワイトノイズは集中力のアップや睡眠誘導の効果があるとされているが、脳に良からぬ影響を与える可能性あり
・例えば、神経細胞のつながりをネガティブな方向に再接続することを示す証拠が明らかに
・研究では60〜70デシベルの音量のホワイトノイズを使用。つまり、日常会話レベルの小さい音量でもホワイトノイズの影響が出てくる?

、、、以上、記事引用参考。

ホワイトノイズってなに?という方は「ホワイトノイズ」で動画検索すれば、すぐに聴けると思います。「サー」とか「ザー」とか、テレビの砂嵐の音がよく例としてあげられます。

脳に悪影響かもという研究結果ですが、記事の最後では「ホワイトノイズは危険と結論を出してしまうには時期尚早」とも言っています。

本当にそうだと思います。

何事も極端はよくありません。

そもそも、ホワイトノイズは良くなさそうだから避けようと考えても、どう避けるの?という話です。笑

言ってしまえば、普段の生活環境の中に、ホワイトノイズはどこにでもひそんでいます。それらすべてを遮断することは不可能と言ってもいいでしょう。

もしもできることがあるとすれば、それは意識的に聞いている音のことですよね。つまりは音楽です。

特に昔の音楽にはホワイトノイズの成分が多く含まれています。実際、映像の演出などで、昔の音楽っぽさを出す時、わざと「サー」っていうノイズを入れたりもしますよね^^

今の時代はノイズを除去するテクノロジーが発達しているので、現代音楽は比較的ホワイトノイズは少ないと思います。(私もそういうプラグインを保持しています)

これらのことを踏まえると、もしかしたら、ホワイトノイズが多く含まれる昔の音楽ばかり聴くのはあまり良くないことなのかもしれません。^^;でも、昔の人たちは、その音楽ばかりを聴いていたわけで、じゃあ、昔の人たちの脳はホワイトノイズのせいでおかしくなっていたのかと言われるとそうとも言い切れませんよね。^^(小形の思考がまた巡る)

上述したように、耳鳴りや集中力アップのためにホワイトノイズを意識的に聴いている人、そういう極端な聴き方はよした方がいいかもしれませんし、
音楽に関しては、とりあえず、昔の音楽と現代の音楽の両方をバランスよく聴くという感じに、ジャンルだけでなく、時代性もバランスよく聴いていった方がいいのかもしれません。

とにもかくにも、極端な音楽の聴き方はおすすめできないということです。

でも、これはホワイトノイズの観点だけに限らない話かもしれませんね。

音楽には言葉や感情、思想など、多くのものがこもっています。音楽から受ける様々な影響を考えれば、それらを極端に聴くのはやはりおすすめできないとも思います。

良きノイズライフを。良き音楽ライフを。

ではでは

【小形出演のお知らせ】
音楽仲間の津村友華ちゃんがDJをするラジオ番組にゲスト出演することになりました。
明後日13日15時から浦和レッズウェイブ87.3FMです。
http://redswave.com/2018/08/27/%E2%97%8B%E2%97%8B-recommend-sounds/
せっかくなので、出来たてほやほやの小形のプライベート音源を流そうかなと思ってます。よかったら聴いてみてください。【追記】13日は収録で、放送は27日みたいです。宜しくお願いします。


noise_city.png
昔に比べて現代の音楽はノイズが少なくなったかもしれませんが、その一方で、日常生活のノイズは、昔より現代の方が多くなっているかもしれませんよね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

寝不足の人は、近寄りがたく非社交的な人だと、他人から思われやすい(研究結果) [health]

【寝不足だと、非社交的な人だと思われやすい:研究結果】
https://www.lifehacker.jp/2018/09/174623-relation-sociability-sleep_gizmodo.html

寝不足(徹夜明けの)の人はより多くのパーソナルスペース(他人に近づかれると不快に感じる空間)を求めることが判明
寝不足の人は、十分に睡眠をとった人々と比べて孤独を感じる傾向が強いことが判明
寝不足の人は、非社交的に見られることが多いと判明
それはつまり、
・睡眠不足の人々が社会的コミュニケーションをとることへの意欲が弱まるということは、睡眠不足によって社会的孤立がより深まる可能性があるとも考えられる
・他者への孤独感の伝染効果は、睡眠不足の人と接触する他人にまで波及し、さらなる孤独と社会的孤立を広げる
さらには、
睡眠不足の場合、脳の中の「脅威の評価を担当する部位」で高い神経活動を示し、「人々の気持ちや行動を理解する部位」の神経活動は著しく低下していたことが示された

、、、以上、記事引用参考。

私は睡眠を削るという判断は最後まで絶対にしません。(たくさん寝たい)

上でいろいろと書きましたが、私が気になったポイントを簡単に言ってしまえば、

寝不足の人は近寄りがたく、非社交的に見られる

、、ということです。

大事なポイントは、寝不足の人が実際に非社交的な性格になってしまうかどうかではなく、「他人から近寄りがたく、非社交的に見られる」というところです。実際そうじゃなくても、他人からそう見えてしまうということ。

でも、想像してみれば、なんとなくわかりますよね。徹夜明けとか、寝不足の人って、どこか不機嫌で、近寄りがたい雰囲気を醸し出していますよね。(寝不足なのに、陽気で笑顔、社交的って人はなかなかいないかも)

私の個人的な意見ですが、寝ないで頑張ることをほめ称えたり、かっこいいと思わせる「日本の悪しき文化、思想」はまだまだ根付いていると思います。(炎天下の甲子園で連戦連投する投手を持ち上げるのとも少し似てるかも)

日本人は「つらい中、無理してがんばる姿」が大好きなのでしょう。

でも、現実的に合理的に考えれば、それらの思想は否定される要素がとても多かったりもします。

寝不足のデメリットは今回とりあげた内容以外にもたくさんあるのはご存知の通り。


ただ、今回、「寝不足の人は近寄りがたく、非社交的に見られる」という内容が興味深くて、とりあげてみました。

【社員の4分の1を味方にすれば全体を説得できる】
https://www.lifehacker.jp/2018/09/25-of-a-group-can-change-everyones-behavior.html

少数派がグループ全体の約25%以上になると全体を説得する成功率が高くなることがわかった

、、、以上、記事引用。

25%の勢力で、全体を説得することが可能になってくる。つまりは、25%の勢力でもそれなりの影響力が出てくるわけです。これは会社に限らず、国全体でも言えることかもしれませんよね。

日本人は外国人から、近寄りがたく、非社交的と見られることが多々あります。それはもしかしたら、国全体が寝不足だからなのかもしれません。笑

さらに、それはもしかしたら、「寝ないで頑張る、つらくても頑張る姿が大好き」、というような非合理的な悪しき思想を持つ人々が日本には25%以上いる証拠と言うこともできるのかもしれません。^^;

なーんてふうに、また、おもしろおかしく、拡大解釈してみるのでした。笑

ではでは


sleep_businessman.png
若い時は徹夜できましたが、今は無理ですね。。今は、徹夜するとわかりやすいくらい、あらゆる機能が低下します。機能低下させながら頑張り続けるのはやっぱり非合理的ですよね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

友達になるまでの所要時間。親友になるまでの所要時間。 [life]

【人生に本当に必要な友だちは何人?一生の親友のつくり方】
https://www.mylohas.net/2018/09/174341friend.html

・生きていくのに本当に必要な、信頼できる友達の数は3人から5人
・なにかにつけて自分を助けてくれる「知り合い」のネットワーク(数)を増やすことも同じくらい大事
知り合いから友達になるまでには50時間、共に過ごす必要があるという研究結果
友達から本当の友達になるまでにはさらに40時間(上の50時間と合わせて90時間)
親友になるためにはトータル200時間が必要

、、、以上記事引用参考。

所要時間の部分が特に興味深かったです。記事の中では、「親友への道はトータル200時間。日数にすると約8日」と言っていますが、、ちょっと違うでしょ。。24時間共に過ごすスケジュールなんてほとんどないでしょ?(つっこみ)

例えば、夜の19時から会食をして24時に解散するという日程は現実的によくあるパターンだと思うので、それだと所要時間は5時間ほど。これを基準にトータル200時間を想定すると、40回くらいは会食する計算になりますよね。こっちの方が現実的な計算だと思いませんか?^^


 


40回会食したり、会ったりしたら、まあ、親友というレベルになりやすいのかもしれません。(あくまで基準ですが)

【親友と呼べる友達の5個の共通点。単なる友達との違いとは】
https://seikatsu-hyakka.com/archives/12221

1、どんな悩みでも相談できる
2、言いにくい事も言い合える
3、相手の感情に共感出来る
4、ものの貸し借りが出来る
5、どんなに離れても関係が変わらない
(6)欠点が指摘出来るか出来ないか
(7)何年会えなくても接し方が変わるか変わらないか
(8)沈黙が苦になるかならないか
(9)迷惑をかける事が苦になるかならないか(素直に助けを求められるか)
(10)長時間一緒に居られるか居られないか
(11)家族に紹介出来るか出来ないか
(12)考えている事が分かるか分からないか

、、、以上、記事引用参考。

これもまた、あくまで一つの基準です。これを全部満たす人はなかなかいないとは思います。^^;

そして私が思うことは、、、

1から12まで満たす友人を一人持つのも結構ですが、1と5を満たす友人、3と4を満たす友人、というように、それぞれの項目を満たすような友人をたくさん持つというスタイルも全然ありだと私は思います。

安直に言えば、濃く狭い友人関係なのか、薄く広い友人関係なのか。

濃く狭いだと、その人と会えばすべて解決する一方で、その親友を失った時の衝撃は計り知れません。
一方、薄く広くだと、問題ごとに多くの人と会わないといけませんが、そのうちの友人ひとり失ったとしても精神的打撃は少ないかもしれません。

つまり、どちらもメリットとデメリット、両方あります。

なので、親友がいないと嘆いたり、友達が少ないと嘆くことは、あまり意味のないことだと思います。大事なのは、自分なりの友人関係のスタイルを構築することですよね。

とりあえず、ひとつ言えることは、

上述した、共に過ごす時間が200時間必要だという話ですが、その時間はSNS上でカウントされるかどうかは不明ということです。

私は直接、人と会うことを重要視してはいますが。

ではでは

friendship.png
自分は親友だと思っていても、相手は自分を、、??というところの視点も大事だと思っています。下記は過去に書いた、友達をテーマにしたブログ記事です。上記とかぶる部分もありますが、よかったら。

【友達が少ないほど幸せ?】
https://gata.blog.so-net.ne.jp/2015-10-13
【人生において大切にすべき3タイプの人間】
https://gata.blog.so-net.ne.jp/2015-06-07


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
スマートフォン専用ページを表示