So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年10月 | 2018年11月 |- ブログトップ

風邪対策にはビタミンCではなく、ビタミン D!! [health]

【疲れでも加齢でもない!風邪をひきやすくする意外な理由】
https://www.mylohas.net/2018/11/179169cholesterol.html


 
・ビタミンDは免疫力に深くかかわっていることが近年の研究でわかってきた
・細胞の核にダイレクトにはたらきかけ、細菌やウィルスなどの感染を抑える抗菌ペプチドを増やしてくれる
・それは主にホルモンが行っていること。ビタミンなのにホルモンのような仕事をしている
・そんなビタミンDは食べ物から摂取する以外にも身体で作ることができる
・その材料はコレステロール。皮膚の下で、コレステロールからビタミンDが作られる
・つまり、風邪予防のために、ビタミンD摂取またはコレステロール摂取を推奨

、、、以上、記事引用参考。

寒くなってきましたね。

寒くなる=乾燥した季節→乾燥した空気では風邪ウィルスが活性化。結果として、冬になると風邪が流行する、というわけですが、

寒くなる=家にひきこもる→日光を浴びず体内がビタミンD不足になり免疫力低下。結果として、冬になると風邪が流行する、という図式もありえるのかもしれません。

なので、しっかりビタミンDを食品から摂取したり、日光を浴びたり、コレステロール摂取でビタミンD生成を促すことがこれからの季節はよりいっそう大事になってきます。

風邪と言ったらビタミンCというイメージが根強いですが、これからの時代は風邪と言ったらビタミンDなのかもしれません。^^

イメージや風説などに惑わされず、科学的根拠のもと、健康を維持していきたいですね。

ちなみに、このような食の健康の関連で最近、気になった記事たちが以下です。

【武田教授が調べてわかった「野菜1日350g」に科学的根拠なし】
http://news.livedoor.com/article/detail/15517960/

記事によれば、

「日本人はおおよそ1日280gを食べている」→「野菜は多めに摂る必要がある」→「2つの根拠で350g決定」

なんというざっくりとした決め方。。

【残念な栄養士が信じ続ける「7つの誤解」】
https://cocopapablog.com/health/2017/12/13/7

誤解①、脳はブドウ糖しか使えない
誤解②、脂肪は悪玉であり避けるべきである
誤解③、卵は1日1個までにし、多くは食べてはいけない
誤解④、糖質は人間にとって必須栄養素である
誤解⑤、糖質だけ減らしてもあまり意味はない
誤解⑥、タンパク質をとりすぎると腎臓に悪影響がある
誤解⑦、日本の栄養学は科学的に正しい

、、、以上、記事引用。(詳細はURLの記事内でご確認を)

1日野菜350gの話や、日本の栄養学は科学的に正しいという誤解、という話を目にすると、「おいおい、日本がんばってくれ。。」と思ってしまいますね。^^;

ただ、
現在、日本は香港に続いて第2位の長寿大国であるのも事実。1日野菜350g基準も日本の栄養学も案外、間違ってなかった?という説も出てきてしまいます。^^;どうなんだろう。

でも、私たちにとって、答え合わせはこれからですもんね。

とにもかくにも、真の健康情報をこれからも追い求めていきたいです。追い求めていきましょう。

ではでは


eggs.png
ビタミンDが豊富な食べ物は、卵、生乳、マッシュルーム、マグロ、イワシ、鮭、サバ、キャビア、肝油などです。これらも人それぞれ相性があると思うので、摂取しながら、自分の体調を観察することが大事だと思います。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ニュースの数字に騙されず、データを見抜く方法(本質を見ようとする思考を身につけよう) [free]

【ニュースの数字に騙されないために。3つの統計原則を知り、データを見抜く方法】
http://karapaia.com/archives/52267230.html


 
いつもブログで、色々な研究結果や調査結果を紹介していますが、上のURLの記事のようなことは結構意識しています。実際、「これはあくまで傾向です」といったような文句を私はよく使いますよね。なぜなら、その文面だけでは、すべてはわからないからです。上の記事はとっても良い内容なので、いつもより具体的にご紹介していきたいと思います。

1、本来のリスク「相対リスク」を考える

例:「8年間におよぶ研究で、フライドポテト好きは死亡率が2倍」
<考えるべきこと>
・そもそもどれくらいフライドポテトを食べたら、フライドポテト好き?(相対リスク)
・そもそも人の死亡リスクはどれくらい?(本来のリスク)
<実際の内容>
・1週間以上あたりで3倍のフライドポテトを食べると、死亡リスクが2倍
・被験者の平均年齢は60歳で、ポテトを食べなかった場合の死亡率は1%(つまり2倍だと2%)

2、相関関係は因果関係を含意しない

例:「赤ちゃんが安心して眠れるグッズ、ベビーボックスを支給するようになってから乳幼児の死亡率が急激に低下(フィンランド)」

<考えるべきこと>
・乳幼児の死亡リスクの低下は本当にベビーセットのおかげなのか?(相関関係と因果関係を見極める)
<実際の内容>
・ベビーセットを手にするための条件として、妊婦は妊娠して最初の4ヶ月の間に検診を受けなければならない
・検診により、妊婦教育を受けたために死亡リスクが下がった

3、許容誤差によって結果が曖昧になる

例:「アメリカの失業率が3.9%から3.7%に減少」

<考えるべきこと>
・一人一人全員に聞いてまわったわけではない「推定数値」であるということ
<実際の内容>
・許容誤差という観点で考えれば、失業者は最大で53.3万人減った可能性もあるし、最低では7000人しか減っていない可能性がある

、、、以上、記事引用参考。

何事も、「本当にそうなの?」「そもそも、、」的な思考は大事だと思います。それは物事を疑えというのではなく、本質を見ようというものです。

上の記事に関連して、こんなブログ記事を前に書いたことを思い出しました。

【チョコレート会社が研究費を出しているから、チョコレートが体に良いという研究結果が続々と発表されるという事実(情報の捉え方はよくよく考えなければいけない)】
https://gata.blog.so-net.ne.jp/2017-11-04

【SNS上の6割、7割に人が記事のタイトルだけ見てコメント。(中身見てない)】
https://gata.blog.so-net.ne.jp/2016-06-30

研究結果や調査結果のスポサンーは誰なのか?というのも大事なところです。(発信者の意図)

そして、私たち情報の受け手側が「表面だけ見る」傾向にあるというのも注意したいところです。
(最近、ひどい見出しも多いですからね^^;)


小形的変な例えをします。^^

ひとつのリンゴがあったとしましょう。

誰かがリンゴのある部分を切り取って言います。
「リンゴはこの季節において最高に甘い果物だ」と。

その切り取った部分のリンゴは確かに最高に甘いのです。

でも、リンゴの下の部分を切り取ったら、甘くないかもしれない
他の、別のリンゴだったら、甘くないかもしれない
そもそも他の果物の甘さってどれほど?
リンゴを切り取った人は公平な立場の人?(まさかリンゴ関係者じゃないよね?)
、、などなど、本質的に考えようとしたら無数にこんな疑問が出てきます。

つまり、リンゴの断面だけ見て、すべてを判断するのは危ないということ。(あくまで傾向であり、可能性)

リンゴの品種、リンゴの木、その環境、気候、季節、切り取り方、切り取る側、などなど、リンゴひとつとっても、いくらでも思考すべき世界は広がっていきます。(何事も奥には広い世界が広がってます)

少々極端な例えばをしてしまいましたが、
何度も言いますが、言いたいことは、

”誰か”が切り取ったリンゴの断面だけで本質がわかるということはない

、、ということです。

自分の頭でしっかり考えながら、本質的に考え、情報をとらえていきましょう。

私も気をつけていきたいです。

ではでは

co2.png
CO2による温暖化の話も、切り取る期間の問題もあるかもしれないですよね。もっと長いスパンで考えると、これから氷河期になるという説もありますから。笑
情報は基本、切り取られたものなので、私たちはなるべく、切り取られる前のものも見ようとする意識が必要かもしれません。情報はその考えるためのきっかけに過ぎないとも言えます。情報をそのまま受けとめて終わりはやはりよくないですね。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

良い人=同調性の高い人は経済的に苦しくなりやすい(コロンビア大学の調査結果) [society]

【良い人は経済的に苦しむ?性格と金銭問題の関連性】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00023699-forbes-bus_all&p=1


 
・同調性(親切さや人の良さ、寛大さ、温かさなど)が強い人は、同調性が弱い人に比べ、経済的に苦しい状況に陥りやすい
・同調性が特に高い人は破産を申請するリスクが50%高い
・同調性が高い人が賢くない、あるいはお金を稼ぐ能力が低いわけではなく、同調性の高い人は経済面をあまり気にかけないことから(金銭のことをあまり気にかけないことから)、お金の管理リスクが高くなるようだ

、、、以上、記事引用参考。

これもあくまで傾向の話ですが、おもしろいですね。

同調性の高い人は経済的に苦しくなりやすい

なぜでしょうねえ。記事の文からは、同調性の高い人はお金の優先順位が低い、というニュアンスも見てとれます。でも、それだけで経済的に苦しくなるのでしょうか。

しかしながら、同調性の高い人をイメージしてみると、
お金に限らず、いろいろな面で、「いいよ、いいよ」「いいから、いいから」と言って、遠慮したり、譲ったり、思いやったりするケースは多いかもしれません。

それを考えると、漠然としたイメージではありますが、同調性の高い人はお金がたまらないというか、経済的に苦しくなりやすい流れが生まれるのもわかるような気がします。

個人的におもしろいなと、改めて思ったのは、

同調性が高い=良い人

、、という解釈、定義。

良い人というのは、同調してくれる人のことなんだなと。(逆に、反論、抵抗ばかりする人は良い人という認定はされないもんね。ただ、、同調性の高い人は良い人に思われることは多いと思いますが、同調性高い人=良い人、にはならないのではないかと個人的に思います。)

ただ、気をつけないといけないと思うのは、

同調と共感を一緒にはしてはいけないということ。

同調性が高いというのは、別の言い方をすれば、「人の気持ちがわかる」とも言えるのかもしれません。じゃあ、経済的に上に登りつめるような人は、人の気持ちがわからない人なのかというと、そうではないと思います。

たぶん、人の気持ちがわかった上(共感)で、自分の道を行く人、なのでしょう。
もう少し具体的に言えば、民衆の気持ち(マーケット)がわかるから、成功するとも言えます。

その辺が、同調と共感の違いなのかもしれません。


少し極論かもしれませんが、

同調する人は相手と一体化してしまう(自分がなくなる)
共感する人は相手と自分の間に線がある(自分がしっかりある)

、、とも言えるかもしれません。

たとえば、
泣いている相手に同調して、一緒に泣く(対応は泣くだけ)
泣いている相手に共感して、共に寄り添う(対応は泣くだけじゃない)

うんうん、

もしかしたら、

同調性の高い人は、相手と一体化して、自他の境界線が曖昧になるからこそ、金銭面とかで”なあなあ”になってしまうのかなと、このブログを書きながら、勝手に納得しつつある私です。笑

もちろん、同調することすべてが悪いということではありません。

同調は文字のごとく、相手と一体化してしまうので、多くのことが見えにくくなる可能性はあるなと改めて思いました。

以上、
同調性の高い人は経済的に苦しくなりやすい、という記事から、「同調と共感」という話に飛躍させてみました。^^

ではでは

money_human.png
神経症的傾向が強い人は幸せになりにくいが、高い創造性を持つ傾向にある。誠実さのレベルが高い人は一般的に健康で、節約が得意な傾向、、という記事内の他の研究内容もおもしろいなと思いました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本人の平均身長は実は下がってきている?原因は痩せた妊婦や高齢化する親? [society]

【日本人の平均身長低下と女性の痩せ指向との相関関係】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-51954210-woman-hlth


 
・実は日本人の平均身長は縮んでいる
・戦後から1978年〜79年まで平均身長は伸び続けたが、2014年生まれの成人は78〜79年生まれよりも男性で1.5cm、女性で0.6cm低くなると予測(78年〜79年の平均身長は男性171.5cm、女性158.5cm)
・原因は、痩せた妊婦さんが多いため(女性の痩せ指向や、医療現場での過度な妊婦の体重管理)
・痩せた妊婦は低出生体重児を出産するリクスが高まる
・低出生体重児は成人になった時、低身長の可能性が高まる
・身長が低いと心筋梗塞や早産のリスクが上がる

、、、以上記事引用参考。

平均身長はどんどん大きくなっているのだろうと勝手に思っていた私は少し驚きました。低くなってきているとはね。。

痩せた女性(妊婦)→低出生体重児出産→その子が成人して生む子どもたちも低出生体重児になる可能性が高い

、、というループですね。。

こんな記事もありました。

【父親が高齢ほど新生児に健康リスクか 45歳以上で低体重の傾向も】
http://news.livedoor.com/article/detail/15535905/

上の要因にプラスして、高齢化する親というのもあるのでしょう。

日本はこれから超高齢化社会に突入します。

元気な若者がどんどん出てきて頑張って欲しい気持ちもありますが、平均身長が小さくなっていく若者たち、高齢化していく親たち、などなど、いろいろ想像していくと、人口という量だけでなく、質(元気感?)みたいなところも縮小していく感じがします。量と質、ともに衰退していく感じ?^^;

この大きな流れを今更、急にどうするとかはできませんが、

どうやら今の若者たちより身長の高い、私たち元気なおじさんたちが可能な限り、引っ張って行ってあげないとなと勝手に思ったのでした。^^

ではでは


baby.png
確かに、自分より体の大きい若者って、そんなに多くはないかもなあ。ちなみに、自分は平均身長よりちょっとだけ高め。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

2018年10月 |2018年11月 |- ブログトップ
スマートフォン専用ページを表示